flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

模型教室(ランバラル専用旧ザク)工作編11

CategorySDランバラル専用旧ザク

支柱の形が作れたら、いよいよ接着です。
SDザク34

簡単に印は付けましたが、一発勝負で中心に接着するのは中々難しいので、乾燥の遅いセメントタイプを使います。
少し乾燥させてかから頭部に接着するのがポイント♪
こうすると、ベチャっとひっついて起こる液ダレを防げるそうです。
位置が確定したら、瞬間接着剤で固定します。

仮止めは、セメントタイプ
本止めは、瞬間接着剤

覚えてくださいと言われているパターンのひとつでもあります(^^)
ちょっと例えがあれですが、セメントタイプと瞬着の特性の違いって、水貼りデカールとシールの関係に似てるような気がしますね(笑)

SDザク35

接着するのは、上側だけ、鼻先へは接地するだけです(^^)
気に入った角度になるように微調整というか、先生に手伝ってもらいました。
私が、やったのは、接着後のペーパーがけのみです(爆)

これで、頭はほぼ完成♪
旧ザクには、頭の後ろにもトサカが付いてるそうです。
プラ板は接着してないので、後日作業することになりました。


「さて、次は腕です♪せっかく綺麗に作業してくれてますが・・・、ここは削りますww」

なんと!旧ザクちゃんには、腕の出っ張りは、ついてないそうな(激爆)

SDザク42


腕パーツを縦に置き、カッターナイフで少しづつ削いでいきます。
これが、結構力が要るのと、手を切りそうなのとで、怖かったです(><)
手を切る可能性が高いので、カッターは良く切れるものを用意します。
因みに、この時に手入れの悪さを先生に見つかってしまいましたwww

エポキシパテを切るのに使ってるんですが、切った後の残りかすが取れずに放置(爆)

アクリルシンナーを使えば綺麗にとれるらしいですが・・・

アクリルシンナーて何?状態(・・?)
水性塗料溶剤や、消毒薬のことだと教えてもらいました。
初耳~♪

実際に使ってみると驚くほど綺麗に取れました(^^)
模型誌等をまともに読まないもんで、教えてもらったことしか知らなかったりします
そして時々ポカをやらかします(あはは)

0 Comments

Post a comment