flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィアット組み立て編1

Categoryフィアット
 「はいはい、ガンダムは仕舞って♪フィアット作りましょうフィアット」

早々とプチスランプ状態だった私が声を掛ける前に、先生に先を越されてしまいました(爆)

「まず、エンジン組み立てましょう♪」

気のせいかな?ガンプラの説明の時よりもカーモデルの説明してるときのほうが先生楽しそうwww

フィアット8

スケールモデルは、パーツがかなり分割されてます。
この時点でガンプラとは全くプロセスが違います

「間違いの元ですから、必要なパーツだけを出して、後は仕舞いましょう」

バリの処理もしてるようなしていないような状態ですが、何も考えずとにかく接着しなさいと言われて接着開始
セメントタイプの接着剤を片側だけに1回のみつけて接着したのが(1)です。

フィアット9

次に(2)を(1)に接着します。
接着剤をつける前に軽くあわせてどこが接着面となるかを確認します。

スケールモデルでは、効率よく無駄のない接着をすることがポイントとなるそうです。

さて(1)と(2)の場合、接着剤をつけるのは、どちら側でしょう?w

答えは・・・(1)です(^^)

初心者的には、(2)のほうが接着剤を付けやすいです♪
しかし、(2)に接着剤をつけてしまうと、接着剤が付いてはいけない部分も塗ってしまうこととなるそうです(^^;)
観てもイマイチわかりませぬ(爆)
とにかく先生に言われるままに接着していきます。

フィアット11

1枚目の写真にある4つのパーツを接着したら、その上に重なるパーツも接着します。
この時も、必要最低限のパーツだけ取り出します。


スケールモデルを組み立てる際のポイント2

各パーツは取説と同じ向きに置く。

一つ一つのパーツが細かいだけに、こうしないと方向を間違いやすいそうです(^^;)



「はい、このパーツの場合は、どちらが接着面だと思いますか?」

うむむ(--;)

考えて・・・・こっち?と指差すと、「はいそうです♪」と言われたり、「この場合は、こっちですよ」と言われたりw

え?こっちなの?な部分もあったりでなんだか面白いw

↓因みに下の写真の場合は、赤〇で囲った部分が接着剤を塗布する場所となるそうです(へえ~)

フィアット10


ここ数日悩んだのが嘘のようにさくさくと接着が進行♪
あれ?カーモデル・・・意外と面白いかも?




フィアット12


ここまで、やって時間切れ~


「フィアットは大坂に持っていくんでしたよね?」

「では、週末までに取説5のこの部分まで何も考えずにサクサクと接着しておくようにw」


へ?


え~~~~~!


残りは宿題となりました(爆)

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。