flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

マーダーⅡ15

Category戦車
2012/6/30

転輪の筆塗に失敗した後、マーダーⅡは、綺麗な色にできたのもあって、「汚したくない、スミ入れも怖い」が発動

どうもそれが、先生としては気になったらしく・・・

>スミ入れ
勘違いしている人も多いですがスミイレは「凹みを強調する」技法であって、汚しではありません。
ウォッシングやフィルタリング等も色の境を馴染ませる、色味を調整する等のテクニックで厳密にはこれも汚し塗装では無いのです。

色の境の部分、メリハリをつけたい部分にあまりはみ出さないようにスミ入れを行い、はみ出た部分はシンナーを付けた綿棒等で綺麗にふき取って見て下さい。


パチ組時代に、スミ入れだけするのも怖くて怖くて中々トライできず、勿論塗装なんて論外と思ってた頃・・・

やっとこさスミ入れにトライする気になった時に、綺麗に作りたい、汚れるのが嫌なワタシを揶揄してか?「スミ入れも汚し表現ですけどね」と言ってた人が居て・・・
その時言われた言葉が、今も印象に残ってるので、つい「スミ入れ=汚し」な認識になってしまってます。
ほぼ知識皆無な時に言われた言葉というのは、結構後になっても響くものです。




T&Aプラモ祭り開催前日な土曜日
先生が所用で岡山入りすることになり、久しぶりのマンツーマン指導♪
今回は奥様も一緒だったので、先生を肴に女子(?)トークも色々炸裂で面白かったw
因みに一緒にきていた若は、終始爆睡中で親孝行ぶりを発揮しておりました(^m^)



まずは、私が上手くいかなかった、はみでた塗料のふき取り作業の実演

「牛乳に匂いが移りやすいように、白いものに色が移りやすい性質がありますので白いものを使うようにしてください」

ゴシゴシこするのではなくて、取り除きたい色の部分に押し当てて色を移しとるような感じ
塗り広げるようにするのは厳禁だそうです(^^)

マーダー2-129

麺棒に溶剤を染みこませ、自分でもやってみたら、あれほど取れなかったはみだし部分が、驚くほど取れていく
(ほ~)

ただ、足回り部分は、ダークイエロー塗装時、先生からは、しっかりと塗装するようにと言われていたけれど、なんとなく、影色っぽくしたかったのもあって、塗装を控えめにしてたのが裏目に出て、アクリル溶剤を使ったふき取り作業してたら、サフが露出してしまったので、完全にふき取るのは断念
ラッカーは強いけれども、ある程度吹き重ねておかないと、こういうときに困るというのを実感するはめになりました(いい勉強にはなったけどw)


エナメルのハルレッドを使って墨入れレクチャー
先生はハルレッド信奉者w
なんでもかんでもという訳でもないですが、やたらとハルレッドが登場します(^m^)

「スミ入れする時の薄さはこのくらいで」と実際にみせてもらいました。
私はまだこういう事に慣れてなくて濃度とかよくわかってないんですよね(^^;)

マーダー2-130

少し見本を見せてもらってから、しゃぶしゃぶ状態なハルレッドを要所要所にスミ入れ作業
サラサラ状態なので、チョンと数か所に置くだけで色が流れていきます。
タイヤ部分にハルレッドの色が少し入ってるのわかるでしょうか?w

マーダー2-131

クリアーが被った部分や、シルバリングしてた部分にも少しハルレッドを乗せると目立たなくなりました


一色塗り状態な木箱にもスミ入れ用のハルレッドを使って少し色のトーンを変える作業
細筆ではなく、平筆でペタペタ塗り重ね♪
細い木箱は先生が見本作業
マーダー2-134

大きな木箱は私が作業
しゃぶしゃぶ状態なので、塗料溜りが時々発生します
塗料溜りができる度に麺棒でふき取り♪
マーダー2-133

塗ってはふき取り、塗ってはふき取りを繰り返してたら、良い感じに色が付いてきました♪

「良い色になったね♪私よりも上手いんじゃない?」と先生に言われてちょいびっくりw
マーダー2-132

0 Comments

Post a comment