flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

フェアレディ(Z34)8

CategoryフェアレディZ
4/17から追い上げ始め、サフ吹きまで行ったのが、5/4(爆)
4月中旬まで、非模型モードだった私としては、久々となる急ピッチな追い上げですw
5月の模型教室は、5/8だったので、ギリギリセーフな感じ(^m^)

水研ぎまでやってる余裕は無かったのでサフを吹いただけで模型教室へ♪
パッと見、綺麗ですが、サフ吹きしたので、表面を触るとザラザラです。
過去最高記録な感じでペーパーの跡が消えてたのもあり、水研ぎすることによって、ペーパーの跡が復活しちゃうのは、勿体ないな~と思い、先生に相談

穴が開くんじゃないか?な位、じっくり見られていたので、内心冷汗ダラリ
そして、模型教室見物に来ていた地元のカーモデラーなSさんまでじっくり見てたので、背筋が凍った(←先生よりSさんのほうが、ある意味怖い、爆)


綺麗に出来てはいるけれど、下地の段階で水研ぎしておいたほうが、後の作業が楽だし仕上がりも良くなるという事で水研ぎ決行♪

初心者なIさんと一緒に先生の説明を拝聴w
やっぱ、私の時よりも丁寧に教えてるような気がする(爆)
この手の話をすると、「だいたいあなたはねえ~最初からコンペだなんだって・・・云々」と、藪蛇が大量に出る羽目になるんですけどねwww

5月の模型教室では、私のビギナー発言に「ビギナーて言うのはね、Iさんみたいな人の事を言うんですよ?」と、あちこちから突っ込まれた(爆)


ボディの表面に水をつけ、2000番のペーパーで軽くなでるような感じで表面をならします。
ザラザラな表面をツルツルにするのが目的なので力を入れずに円を書くような感じでそーと動かします。
ペーパーで削った際に出る粉が傷の素なので、頻繁に表面をふき取り(この時こするのは厳禁)粉を除去
特に視線がいきやすい、前面と横を中心に水研ぎ♪
ペーパーをかけると表面がツルツル~♪
ツルツルは楽しいな~(^^)

フェアレディZ99

水研ぎが終わったら、Iさんと先生と私の3人は洗浄の旅に出発です♪
流し台の前に行き、先生の説明を受けながら、ボディに中性洗剤を付けて筆を使って油分や、ペーパーのカス等を洗い流します。
口頭での説明は、してもらったことあるけど、先生立会いの下、水洗いするのは初めてなので妙な感じですね♪


フェアレディZ100

ボディを軽く振って、水分を飛ばし、残りはティッシュでふき取ります。
静電気防止の為、押さえて水分を取るような感じで水分除去
本当は、キッチンペーパーや布等でやるほうが良いのかもしれませんが、そこにあるもので、対応するのが、岡山の模型教室w

フェアレディZ102

ある程度水分が取れたら、扇風機の前に並べます。
写真は撮ってませんが、ちょいレトロな扇風機なので、Iさんがウケてましたw
厳密に言うと扇風機を使うと、微量の静電気は発生してしまうそうですが、時間短縮の為に使用
余裕があるなら、自然乾燥が一番なようです(^^)

フェアレディZ103

乾燥待ちな間に塗料の準備

私は、半光沢ブラック、メタリックブルー、クリアーブルーの3点セットをチョイス♪
メタリックを選ぶの?と先生には意外そうな顔をされましたが、今年の大本命なランサーセレステをメタリック系で塗装するつもりなので、慣れておきたかったのが選んだ理由
もう一つは、通常のブルー系だと下地が白になるので、ピックアップトラックの時に下地の白で散々苦労した私としては、ちょっと逃げたかったてのもあります(^^;)
ただ、寧ろそっちを選ぶべきだったか?と後からプチ後悔
先生に直接見てもらえる機会にこそ苦手分野をやっておくべきだった(^^;)
尤も、私の場合色経験も決定的に不足してるので、どの色を選んでも勉強にはなるんですけどね~w

フェアレディZ101

色が決まったら、エアブラシ用に希釈開始♪
私はメタリックなんで、念入りに混ぜ合わせます。
私たちが、塗料の準備をしてる間に先生が塗装出来るようにフェアレディを固定してくれてました(毎度毎度ありがとうございます~)

フェアレディZ104

模型教室はカルチャークラブで行ってます。
基本的に道具がありませんw
塗装したければ、道具一式自分で用意する必要があります。
私のコンプレッサーはL5♪
ハンドピースの2本立ては無理なんですが、無いもんはしょうがないよね~とお試ししてみることに
大丈夫かな?と思ってたらプシューと圧低下(爆)
やっぱり、L5で2本立ては無理だという証明をすることになりました(激爆)
見かねた、K君が「貸しましょうか?」と言ってくれたので、IさんはK君のコンプレッサーを借りて作業することになりましたw
フェアレディZ105

エアブラシを使うのも半年ぶりくらい・・・
記憶を掘り起しながら下地の半光沢ブラックで塗装開始
ガイアカラーのセミグロスブラックがあればベストと言われてましたが、持ち合わせがなかったので、クレオスカラーの半光沢ブラックを使いました。
メタリック感を出すには、下地は黒、通常のブルー系の場合は発色を良くする白が下地となるそうです。
同じブルー系でも、メタリックかそうでないかによって下地も変わるて事なんですね~(^^)

フェアレディZ106

次にメインのメタリックブルーで塗装
少し離し気味に塗装すると銀粉が多くつくので、そのほうが綺麗に仕上がるらしい。
で、少し遠くから塗装したんですが、ちょっと離しすぎたらしいw
銀粉だらけ~(爆)

フェアレディZ107

0 Comments

Post a comment