flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どら猫に初挑戦3

Categoryトムキャット
阿鼻叫喚の嵐だった2月の模型教室w
ハセガワ製のトムキャットが、モデラー泣かせ?なキットていうのは聞いていたものの、実際に作り始めてみるとその罠っぷりの凄まじいことったらないw

先行で作ってた先生も、しっかりその罠に填まってしまった模様w
そんな訳で、ここは注意しましょうという事前説明がありました(^^)


「今回選んだハセガワのキットですが、モデラー心を刺激する罠が随所にわざと仕掛けられています」

罠~~~?

「その代表格なのが、テデさん命名の貝柱(押しピンの跡)です」


確かに多いよね~~~


「特に、c15は、後からでは組み込み不可能ですので、先に組み込むのを忘れないように気をつけてください」


とまあ、こんな感じでパーツ番号付での説明があったにも関わらず、ほぼ全員が、面白いくらいに各種スキルに応じた罠に填まっていく様は壮観でしたw
ハセガワ製なトムキャットの面白いとこは、それぞれのスキルに応じた罠が随所に仕掛けられている点かもしれませんね~(←え?面白くない?爆)

因みに先生のブログを事前に確認していたTKさんは華麗にその罠をスルーしたらしいw


普段とは違う叫び声?をBGM変わりに聞きつつ、私もトムキャットの組み立て作業開始♪


私が模型を作る際、頼んでもいないにネタが飛び込んでくるというか、なぜよりによってこうなる?て事が非常に高確率で起こるんですが・・・

今回も当たりくじを引いてしまったみたいでしてね~(^^;)
開封してもないのに、エッチングパーツに謎の汚れが(T-T)

トムキャット19

マイミクさんにその原因と思われる事とプチ対処法を教えてもらってはいたものの、それで大丈夫かどうかの判断が自分では付かなかった為、先生に見てもらうことに♪

エッチングパーツって、金属を腐食させて型抜きして作るそうなんですが、その際の洗浄が不十分だったのが原因みたいです(^^;)

トムキャット20

普通に汚れているだけなら、エアブラシ用溶剤等でふき取れば取れるというので、試してみました。
しかし、残念な事に取れない(^^;)

「これは、深く抉れてしまってますね、これを修正するのは難しいので、このままにしましょう」

トムキャット26

因みに、手で触ってたら、11番の辺りに、べったりと指紋の跡がw

トムキャット27

麺棒にエアブラシ用溶剤を染みこませ、ふき取ると綺麗に除去できました♪
ついでに、油分が他にも付いてるといけないので、エッチングパーツ全体を拭きました(^^)
因みに、ティッシュでもふき取り可能ですが、引っ掛かって紙が残ってしまいやすいとかで、麺棒推奨だそうです。

トムキャット28

汚れが除去できたら、マスキングテープを貼って、その上からクリップで挟みます。
金属製のエッチングパーツは滑りやすいので、プチ滑り止め変わりになるそうです(^^)
そして、錆び防止&塗料の食いつきを良くするために、メタルプライマーを吹きかけます。
透明なので、ちゃんと掛かってるかは不明w

トムキャット29


大阪から来てるTKさんは、アイマス機なトムキャットを使用する事にしたみたいです。
成型色が紫なせいか、暫くトムキャットだという事に気が付かずw

「あれ~?TKさん、それトムキャットなの?」て言ったら・・・

先生はがっくり肩落としながら「だから、成型色違うけどいいの?て私が言ってたでしょ?」
え?あれそういう意味だったの?
てっきりデカールが違うけどいいの?ていう意味だとばかり(爆)

TKさんには「隣で作業してるのに気付いてないとは思ってなかった」とか言われるし散々w

むしろ、パーツの構成で、トムキャットだと気付いた私を誉めてほしい!

「テデさんは、一足飛びに進んできた分、知識に欠落があるんだね」

ぐはっ(><)
判ってるんです、もうそろそろそれじゃダメなんだってわかってるんだけど~~~

私、昔から勉強嫌いなんですよね~
基本的に、実際に作業したことしか覚えない子だし~w

「だから、未だに初心者て言うのかな?」


そうで~す♪
知識の欠落を一番自覚してるのは、私自身
作りたいとなれば、多少の背伸びも無理も厭わないけど、だからと言って順番に知識を詰め込もうとも思わない(^^)
私は、私なりの速度で楽しく自然と覚えていけたらいいと思ってるんですよね♪

トムキャット31

痛機使用ということで、取説も通常のトムキャット用よりは判りやすくなってます。
尤も、記号だらけなとこは変わってませんでしたが(爆)


トムキャット32

しかし、色付のトムキャットのほうが作業楽しそうだな~w

「変えたろか?」てTKさんに言われたけど謹んで辞退しました


紫のトムキャットだと塗装の時、絶対泣きを見そうだもんな~、私の場合(爆)

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。