flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

ガンダムRX-78で基礎編1

CategoryガンダムRX-78
Y先生は、超アナログ派w
あまりネットはしないと仰っておられるのですが、最近は、ちょくちょく私のblogを見に来ているそうです(^^)

先生~!間違ってるとこあったらチェック宜しくで~す(←他力本願?爆)



地元模型教室で入会時に貰っていたガンダムさんw

模型教室1

怒涛のコンペ続きを理由に永らく放置しておりましたが、今月から作り始めました♪

本来は、このキットを作りながら基礎を学んだ後に、自分の好きなキットを作るというのが、地元模型教室のルールです。
私の場合は、先生のご好意で、コンペ用のキットを優先的に作らせて貰った上、教えてもらってましたが、さすがに、そろそろ作りませんとね~www

模型教室

因みに、入会時に貰ったこの模型誌も・・・ずっと放置中(←読めよ!激爆)




基礎その1
ランナーにタグを付ける

各ランナーには、記号と番号が付いていますが、目立たないので、見難いです。
まずタグをつけて記号を判り易くします。
太めのマスキングテープをランナーに取り付け、太字の油性ペンで記号を書き入れます。
こうするだけで一目瞭然となるので、作業効率がグンとupするんだとかw
SDや1/144サイズくらいなら、タグを付けなくても困らないといえば、困らないのですが、MGやPGサイズだと同色のランナーの塊が何個も登場したりするので、タグがあるのと無いのとでは、作業効率が、雲泥の差だそうです(^^)、

模型教室4


基礎その2
取説を確認

まず、パーツが全部揃っているか&状態を取説を見ながら確認します。
古いキットを作る場合、いつのまにか破損してたなんて事もあるそうです。
破損したパーツを見つけた場合はパーツ請求や複製を作る等で対処します(^^)
因みに私は、パーツ請求が面倒だからと、部品1個の為にキットを1箱購入した事があります(爆)

ガンプラの場合流用パーツが随所にあったりするそうです。
特にPC(ポリキャップ)は、ほぼ全部流用ですw
不使用パーツが、必ず何個か出ます(笑)
先生の説明によると、プラキットに合うようにポリキャップが作られてるのではなく、ポリキャップに合うようにプラキットが整形されているようです。
卵が先か鶏が先か?みたいない話ですよね~w
取設を見ると、不使用パーツには×印が付いています。
間違いの素でもありますので、事前に取り除いておきます。
武器等で、これは作らないな~なパーツがある場合も先に避けておいたほうが良いそうです(^^)


0 Comments

Post a comment