flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってファルケに挑戦12

Categoryたまごふぁるけ
2010/8/8

トラックを作って、ファルケを作って~と交互に進行♪

気がつけば、8月になってました(爆)

どんどん、締切が近づいてくる~~(間に合うのか?)

2月から少しづつ頑張って、ファルケの形は大まかに出来上がってきましたが、いよいよ付属物装着準備開始です!

今までは、たまごひこーきのパーツを利用しての作業
楽だったわけでは、ないけれど、それなりにどうにかなっていました。

しかし、ここからは、本当に未知の世界


「テデさんが思う、スタビライザー&バルカン砲の形を書いてみてください」

「両目で見るのではなく、片目で交互に見るようにすると2Dに物の形を捉える事ができます。」

「あなたが、いいと思う大きさ、長さを決めてください」



先生に簡単なアドバイスを受け、ファルケ本を見ながら絵を書きました。
私が書いた絵を元に大まかなサイズを先生が算出


たまひこファルケ145

武器を作るのに必要な材料を先生が口頭で言うのを、慌ててメモして、模型教室のお昼休みを利用してホビクラで購入

去年までは、一から十まで懇切丁寧な説明付きでしたが、春以降、先生の説明も一部簡略されることが増えてきました。
今まで、本当に細かく説明を受けた上で動いてきたので、自分で判断する部分が増えて結構大変(^^;)

先生曰く「成長した証」て事になるらしいですが、あれ?前だったらこうだったのに~~~と内心首を捻りながら行動することも(^^;)
どうも、少しづつ手綱を厳しくしながら、私がどの程度判断できるようになったのかを見ていた節あり(こっそり試さないでください!爆)

まず、スタビライザーを作る為に、プラ板を切り出し♪

たまひこファルケ146

絵を見ながら、金尺(TKさんのを借りました)でサイズを測り、カッターで切り込みをチョンと入れます。
そのままでは、見えないので、赤ペンでなぞり見え易くします。
端と端の印を目印に長方形の線を軽く入れて、また赤ペンを刷り込みます。(見本を兼ねて作業は先生)

たまひこファルケ149


そして、ポキポキとプラ板を折ります。

「はい♪テデさんもやってみて」

「え?この状態で折る?」(・・?)

渡されたプラ板を暫し眺め、ポキポキ♪(出来た♪出来た♪)

カタヌキみたい~(判る人は同世代ですね、爆)



プラ板は、カッター等で全部切るのではなく、切り込みを入れて折る事で切り出すそうです。(へえ~)

たまごだから、スタビライザーも丸くしますw
まずは、墨入れペンで形を書きます

たまひこファルケ150



ギリギリのラインをデザインナイフで多角形に切り離します。
先生が説明しながら見本作業♪

たまひこファルケ151

↓デザインナイフで多角形に切り離した状態。

たまひこファルケ152

次に、金ヤスリで丸く形を整え、最後にペーパーでならします(ついでに、赤ペンで付いた色もなるべく落としておきます)

P1000926.jpg

1枚は見本で先生が作業しましたが、もう1枚は私が作業♪
左右対称にできそうにないな~と思ってたんですが、スタビライザーの場合は、本体から少し離れた部分に取り付けるので、不対象になっていたとしても、あまり目立たないので、それほど気にしなくてもいいそうです。

たまひこファルケ154


プラ板を丸く切り出せたら、今度は内側に穴を開ける為の準備です

デフォルメ&ファルケもどきとはいえ、ファルケに見えるポイントは抑えたい
だから、開ける穴は3列にしたい、ただ数に関しては全く同じは無理だろうし、数をどうするかな~というのと、大きさもどうするか・・
この辺りは、先生に相談した結果、穴は2ミリで7個空けることに決定♪

穴の数が決まりましたので、今度は穴あけ位置の印付け♪
方眼紙を利用してもいいそうですが、模型教室に方眼紙はありませんので、デザインナイフで軽くスジを引くやり方を教えてもらいました♪

何ミリ単位で線を引くか、サイズを測って計算し、デザインナイフで端に印をチョンと入れては、赤ペンで見やすくし、線を引き、また赤ペンで見やすくを繰り返し・・・(作業は先生)


計算してる先生を見ながら、内心、苦手な作業だ~~と思ってたら顔に出てたらしく(^^;)


「ちょっと難しかったかな?(笑)」といわれてしましました(爆)

昔から、算数は苦手なのです(←算数という言葉に私のレベルが出てますが、激爆)


たまひこファルケ155

方眼状態になったら、穴開け作業開始♪

動かないように、マスキングテープで固定して、ピンバイスの1mm→2mmの順番で穴を開けます。


たまひこファルケ156

カッティングマットに穴を開けないように注意しながら作業♪

でも、やりにくかったので、指の上で作業してたら、何度かピンバイスが突き刺さりました(←ご利用は計画的に、爆)

たまひこファルケ157

穴開け時に発生する毛羽立ちを取り除く為に、ピンバイスは表からだけでなく、裏からも差込み軽くグルグルとまわします。
それでも取りきれない部分は、カッターナイフで削ぐ&ペーパーがけで綺麗にしていきます。

たまひこファルケ158

少し歪んだけど、穴あけできた~♪

たまひこファルケ159

模型教室の時間を有効利用する為、スタビライザーの残り1枚は宿題に♪


「さて、ここはどうしようかな~、ジャンクパーツがあれば・・・」

先生♪コルセアのジャンクでも良ければ、ありますけど使えますか?

「おっ♪いいの持ってるじゃないの(^^)これを使いましょう」
という訳で、コルセアのジャンクからパーツをチョイス(車輪だっけ?爆)

たまひこファルケ160

「このパーツをテデさんに出来るやり方で取り付けるにはどうすればいいかな・・・」

いつも即決な先生には、珍しく暫し考え込んでました(^^;)

「先に薄く削いでおいてから接着するのは、まだテデさんには難しいだろうし・・・」

本当に珍しいな~、こんなに悩んでるの初めて見たような気がw
ていうか、私が手が掛かる子だからですよね(^^:)毎度毎度すいませんです(と心で謝ってた私、爆)

やはり、薄く削いでから接着は、難しいということになり、そのまま接着してから削るやり方をチョイスすることになりました(^^)
違和感バリバリな段差のエポパテ埋めも宿題にw

たまひこファルケ161

時間有効利用(その2)で、次のパーツ選別

たまひこファルケ162

軽く形を整えて~(作業は先生)

たまひこファルケ163

ペタリと貼り付け

たまひこファルケ164


時間有効利用(その3)

続いて、スタビライザーを取り付ける為のパーツ作り

購入したての、丸モールドを使います♪

たまひこファルケ165

ファルケ本と見比べながら「真っ直ぐに見えますが、斜めになってますので、斜めに接着します。」

な、斜め~~~!
やっぱり、段々と難しくなってきたような?(^^;)


この作業してたら、地元仲間で唯一のマシーネンユーザーなEさんがすかさずチェキに登場w

「位置がおかしくない?」


ひ~~~~(滝汗)
お願い~、真面目にマシーネン目線で見ないで~(私はビギナーなんだってば~)

「1/1ヤクルトだからね、バランスを考えるとその位置になるんですよ」と先生から助け舟

すると、あっさりEさん納得した模様(ドラえもん効果か?爆)

たまひこファルケ166

四苦八苦しながら、どうにか斜めに接着終了&模型教室タイムアウト(爆)

たまひこファルケ168
たまひこファルケ169

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。