flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

今年初のアナハイムカフェ2

Categoryアナハイムカフェ
 2階に上がり、SDランバラル専用旧ザクとガザCハマーン機を披露♪

旧ザク&ハマーン機

ラル旧ザクのアーマーは左右で大きさが違います。
これは、、シャアザクの予備が見つからなかった為、なんですが、地元模型教室の先生同様、マスターも量産機とシャアザクでは、アーマーの大きさが違う事をご存知ではなかったようですw

違うのは色くらいだって普通思いますから無理もありませんがw

ザク

マスターが雑誌掲載用に作ったザクちゃんを取り出し見比べたり♪
こうして、並べると、ザクと旧ザクの違いが良くわかりますよねw
ザクアーマーのトゲトゲちゃんが、妙に懐かしいwwww

雑談ばかりもしていられませんので、エアブラシ講習開始♪
マスターがエアブラシ練習用にジャンクパーツを数個用意してくれていました。

エアブラシ講習会1

まず、エアブラシの構成(ハンドピース、コンプレッサー、圧力計)について簡単な説明を受けました。
エアブラシも安いものから高いものまで、色々あるようですが、廉価版だと圧力計等が付いていなくて、結局追加購入する事になったりするそうです。
もし、購入するならば、最初は、3点セット揃ったものを購入したほうがいいようです。

エアブラシには、塗料を薄めて使う・・・
blog等を読んでいると、希釈濃度の事が、よく話題になっています。
でも、なぜ薄めるのか?という理由までは知りませんw
塗料を薄める理由は、幾つかあるそうですが、一番の理由は、原液だとエアブラシに塗料が詰まり易いので、それを防ぐ為だそうです。
詰まるだけでなく、時には、くもの糸のよに噴出したり、分解掃除するハメになったりするんだとかw




エアブラシ講習会2

講習会で使用したのは、ハンドピースのダブルアクションタイプだったかな?記憶が曖昧(^^;)
塗料を使う前に、シンナーだけで、吹き方の練習です♪
写真は、説明中のマスターの手w

ハンドピースは、操作ボタンを押して、引く・・・で塗料が吹き出し口から出てくるようになっています。
しかし、操作し難い~~~(--;)
缶スプレーのほうが断然簡単なような気がする(爆)

次に、圧力を徐々に変えていき、塗料の飛び出し方の違いを実際に体験しました。
缶スプレーに比べると、エアブラシは、飛び出す空気量がとても穏やかですね~


エアブラシ講習会3

エアブラシ塗装をしだすと、細吹きが必要となってくるそうです。
上手な方は、線のように細い細吹きで全部塗装してしまうのだとか・・・

缶スプレーでもそうですが、塗装する際は、大きな面から塗装するのではなく、角や奥まった部分からです。
缶の場合は、角や奥を狙っても、もれなく広い面に殆ど塗装されてしまいますが、エアブラシを使うと細かな塗装も可能なようです。
そういえば、地元模型教室でも、先生がエアブラシだから、できる表現があると言っておられた事があります。


慣れないハンドピース操作をしながら、数回に分けて塗装していきます。
手が痛い(><)

おまけに、ムラだらけや~(--;)

天候不良を警戒して荷物を減らした為、塗りたいキットも持ってきていません(^^;)
エアブラシ講習はこれで終了♪
本当に、基礎の基礎という感じの講習会ですが、購入前にエアブラシのお試しが出来ていいですね♪
ただ、これから参加しようと思う方は、塗装したいキットも持参しましょうwww

0 Comments

Post a comment