flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

ピックアップトラック2

Categoryフォルクスワーゲン
貝柱があるのは、ひっくり返さなければ見えないとこだし、全部無視!といきたいとこですが、削らないとパーツが合わない箇所や目立つ箇所が幾つか(^^;)

各種囲いの中に存在する貝柱をどうやって削ればいいのか判らなかったので教えてもらいました。

方法としては、数通りあるそうです。




1、ニッパーをハサミのように使い、ある程度高さを無くしておいてからペーパーがけ

ピックアップトラック7


2、ピンバイスで貫通しない程度に穴を開けてから、残りをニッパーで除去、ペーパーがけ

3、ピンバイスで貫通させ径の合うプラ棒を差し込み整形(今回プラ棒は使ってません)

ピックアップトラック6



穴を開ける場合は、裏も確認して問題ないかどうかを見てからやります。

↓この状態に少し驚いたんですが

ピックアップトラック12

ピックアップトラックの場合、椅子で隠れるので問題無いといわれました(^^)

ピックアップトラック13

ペーパーを三角に折り、その辺を利用してペーパーがけするといいですよと教えてもらって、やってみたら、楽にペーパーがけできた♪
ペーパーがけにも色んなやり方があるんですね~

ピックアップトラック8

貝柱を除去して、パーツを嵌めたら、すっきりと収まりました♪
貝柱さえなければ、合いもよくて作りやすい感じw

ピックアップトラック9


5、リューターを使う

先日購入したリューターは未だに未開封(←使いなさい!爆)
そんな訳で同型の先生のリューターを借りて作業します

ピックアップトラック15


まず、この丸いドリルを使って、削っていきます。

初めて使用するので、幾つか注意点の説明を受けました。

1、電動なので、手をしっかり固定して持つこと
2、削りたい箇所に軽く当てるような感じで
3、熱によるプラ溶けを回避する為に、頻繁に削りカスを取り除く事


ピックアップトラック16

軸のぶれが少なくて使い易いと聞いてた通り、初めて使用する私でもお手軽に使えます♪


ピックアップトラック17

大まかに削れたら今度は、こちらのドリルに交換♪
手で抜き差しするだけで、交換できるので、ドリルの交換も楽です(^^)
因みに、リューターは、浦和工業製ですが、ドリルはタミヤ&クレオス製だそうです(笑)

ピックアップトラック18

お手軽に平らに削れます。
リューターを使用する人が多い筈だ、本当に便利ですね~

ピックアップトラック19

リューターでも削れなかった微妙な段差は、平刀やペーパーを使って綺麗に仕上げます。



平刀もまだ持ってないんですが、そろそろ買ってみようかな~

0 Comments

Post a comment