flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビグロ4

Category旧キット
穴が空いたり、ガタガタだったりな、本体パーツの後ろ
高さを整える為に、金ヤスリで削ります。

「ヤスリが当たると困る部分は、予めセロテープ等でカバーしておいてから削ると教えたの覚えてますか?」


あははは・・・・・


全く記憶にございません!(爆)
聞いてましたっけ?←ヲイヲイwww



セロテープを持参していなかったので、マスキングテープで代用
傷を付けたくない、バーニア部分をカバーしてからヤスリがけします♪

接着している所でもあるので、ヤスリがけしたら残したいスジが殆ど消失w

ビグロ56

スジ彫りして、復活させます。

薄く線が残ってますが、そのままだと判りにくいので、彫りたい部分に線を書き入れます。

本当は、鉛筆のほうがいいそうですが、これまた持参していなかったので、スミ入れペンで代用です。
ペーパー等で削った表面にスミ入れペンを使うと染込んでしまうので、あまりお勧めではないと言われましたが、無いものは仕方ありませんからねwww

右半分は、先生が見本で作業した部分

ビグロ38

左半分は、自分で作業です♪

広い線の上は、デザインナイフの刃の長さを利用してVの字カット♪
角の部分がずれないように注意します。
勿論、一度に広い線全部をカットは出来ません。
右から、左からと刃の方向を変えてカットした部分の重なり部分がぶれないようにするのが大変でした(^^;)

ビグロ39


小さな線は、デザインナイフの刃先を利用して線を引くような感じでVの字カットします。
こちらは、更に難しい(^^;)

ビグロ40

どこまで作業したののか判り易くするためと、彫りこんだ線が歪んでいないかを確認する為にナイフを入れた場所を、軽くペーパーがけします。
削りカスが溝に残るので、削った線も一目瞭然です(^^)
こうして、スジ彫りのガイドが出来たら、今度はデザインナイフの刃先を利用して更に深く彫り込みます。
私が作業した部分は、めっちゃ太いです(^^;)
細く彫りこめるようになるのは、何時なんでしょうね~www

ビグロ41

ロケット?部分のど真ん中にくっきり、はっきりパーティングラインが走ってます(><)
あまりに不恰好なので、軽くデザインナイフで削いでから、ペーパーで削り落とします。
因みに手早くパーティングラインを削り落としたかったので、最初に320番のペーパーで削ったんですが・・・
比較的綺麗な状態までするのに物凄~く時間が掛かりました(苦笑)
400番くらいから、始めればよかったwww

ビグロ42

続いて、腕と接続する筒パーツの合わせ目消し開始♪
すると、やっぱりというか、端っこにあったスジが消えましたwww
スジ復活が上手くいくとは思えません(^^;)

ビグロ45

さて、ここはどうしようかな~と眺めていたら、急にフリルが付けたくなってきました(^^)
思いついたら即実行w

モールド入りのプラ板を引っ張り出し♪

ビグロ46

適当な細さにカットして、適当な山形を鉛筆で書き入れます。

ビグロ47

そして、デザインナイフで、プラ板を山形にカットします♪

ビグロ48

丸い鉛筆で、軽くカーブを付けてから、筒に這わせて状態を確認♪
しかし、モールド入りなのが、不味かったのか?ポキポキ折れまくり(爆)
スジが入ってる部分だから、スジ入りにしたかったんですが、普通のノーマルプラ板に変更ですw

先程と同じ作業を繰り返し、筒パーツに接着
因みに練習無しの一発勝負w
接着スペースは2mm程、上手くいくかどうかは賭けでしたが、失敗したら、したでその時考えればいいさ~とお気楽にチャレンジ♪

ビグロ57

数日置いてから、合わせ目の段差を出きるだけ解消すべくペーパーがけ♪
ちゃんと山形にカットしたつもりが、一部台形状態になっていた箇所を発見(^^;)
ペーパーで形を整えます。

ビグロ58

腕パーツ接続部分に、接着剤が溢れて固まってます。

ビグロ59

ここも、出来る範囲でペーパーで綺麗にしました。

ビグロ60

思いつきにしては良い感じ?w

ビグロ61

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。