flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

フィアット塗装編5

Categoryフィアット
外れっぱなしだった、タイロッドは、先生に取り付けてもらいました。

フィアット24



補強したとはいえ、私が取り付けると、別の場所を折りかねないですからね(爆)

フィアット25

底パーツは、ダイレクト塗装で、つや消しブラックに♪

フィアット27

こちらは、8×4を使用しましたw
塗装の仕方としては、ボディパーツを同じ、こちらは色々接着しちゃってますので、細部に塗料を届かそうとムキになると、塗料の山が出来てしましますw
塗料がちゃんと届けばいいな?くらいのつもりで、少しづつ吹きつけました。
表を塗り終える頃には、裏側もほぼ塗装完了状態となってました(^^)
乾燥後、支柱の8×4を表側に設置して、裏側の残りも塗装♪

フィアット28

今回、普通に作ってるので、物足りない・・・
椅子にシールを貼ってデコレート♪

しかし、まだ寂しい・・・・


やっぱりキラキラが無いとダメ~~~~


ということで・・・


シルバーに塗り直し(←ヲイ、爆)

フィアット50



ハンドルは、なんとなくで、赤に黒を混ぜて塗装(ガンダムマーカー)
ついでに、こことここも同じ色に塗っちゃえ~w

「ここはゴムだから茶色はおかしいよ?」と先生


なんとなくで、塗っちゃったんですよね~♪て言ったら・・・


「ばかも~~ん!」と言われてしまった(爆)

だって、だって、車は判らないし~w

結構適当に塗りましたからね~(激爆)


「ハンドルを木目調にしましょう」


へ?


「教えますから覚えてください」

なんちゃって木目調講義開始ですw

木目調は、性質の違う塗料を塗り重ねる事で表現が可能です。
例えば、ラッカー→水性→エナメルのように、下地を溶かさない組み合わせを使い木目を描いていきます。
今回は下地にガンダムマーカーを使ってますので、木目は○○で書き入れました。

ハンドルの上に等間隔の斜め線を書き入れます
模型教室の時間の関係で、書き入れ作業は先生w

フィアット62

乾燥したら、エナメルのクリアーオレンジを重ねます。

フィアット63

こちらは、べた塗りでハンドルを覆うように色を乗せていきます。

フィアット64

塗り終わると、木目調に見えるから不思議w


フィアット65

この講義を受けた直後にn兄さんのblogでは、木をくりぬいて作るウッドハンドル製作レポがupされて驚きましたw
ある意味タイムリーでしたねwww


フィアット66



0 Comments

Post a comment