flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

キラキラガザC 3

CategoryガザCハマーン機
テーマは柄合わせ



ガザCの出発点は、和風キラキラ

お花ビーズを取り付けた事で、和風にすることは早々に諦めましたが、着物特有の柄の流れを表現することと柄合わせには拘りました。

洋服の場合、柄ものに柄ものを合わせると煩く感じます。

しかし、着物の場合、柄と柄を合わせても不思議と煩く感じません。

着物柄に似た調和をガンプラで表現してみたい・・・

そう考えて作りました。



本格的なデコレート作業に入る前に初めての墨入れにもチャレンジ♪

私が利用したのは墨入れペンと呼ばれるもの

白い部分にはグレー、それ以外には黒を入れるといいと教えてもらったので、ガザの箱と睨めっこしつつペンを走らせました。

熟練者な交流者からは、墨入れの効果を聞いていましたが、恐くてどうしても墨入れする気にならず・・・。

それというのも、熟練者の人達が勧める墨入れて筆による毛細運動なんちゃらなんだもん(><)

ふ、ふで~~~!無理無理無理~~とこれまで避けてきました。

電ホビの付録になった川口名人のDVDでも、最も簡単なのは筆による墨入れとありましたが、やはり素人には敷居が高い(^^;)





墨入れが終わり、シールによるデコレート開始♪

1番に手をつけたのが、足先です。

この時点で完全に和風キラキラはどこかへ行ってしまいました(爆)

ガザCの足先って爪に良く似ているので、ネイルアート感覚でシールを配置。

和風キラキラでは無いけれど、私の好きな柄の流れを意識して1枚1枚少しづつ貼っていきました。

キラキラガザC5



足の次はスカート部分

一見バラバラに見えますが、それぞれの模様が、繋がるようにシールを配置♪

ただ、シールを貼った時は直立状態での柄合わせをしてしまった為、八の字に足を開くと柄が崩れます(T-T)

武器部分は左右対称になるように貼りました。



キラキラガザC6



バックパック部分も試行錯誤の後、現在の形へとなりました。

バックパックのシールとメタルパーツのバランスを考えつくまでが、一番時間がかかったんですよね(^^;)

確か数週間くらい唸ってたような?(--;)

因みにバックパックデコが完成したのはスカート部分の2ヵ月後(爆)

本当に苦しかった(><)

キラキラガザC7



キラキラガザC 4へ続く

0 Comments

Post a comment