flower border

キラキラガンプラが好き

超メカ音痴の模型珍道中♪ただ今模型はお休み中

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回模型スクールinアナハイムカフェ4

Categoryアナハイムカフェ
 シリコン層に付いた粘土をナイフ等を使って取り除きます♪

ac17

これで、とりあえず、型の片面が完成♪

続いて、反対側の型も作ります。

シリコンをシリコンの上に注ぎ込むと完全密着してしまうそうです。
そこで、剥離材としてワックス登場♪
筆で、丁寧に塗っていきます。

ac18

剥離材が塗布できたら、再び囲いを装着して、シリコンを注ぎ込み、固まったら剥がしますw



ac21

こうして両面複製の為の型完成♪


ac22

バリ等をニッパーで取り除き、ゴムバンドで型を固定します。
このゴムバンドも小さすぎるとパーツが歪んでしまいますし、大きすぎるとキャストが毀れてしまい上手く複製できないそうです。


ac23

続いてキャストを使用してパーツ複製の実演開始♪

万が一毀れても大丈夫なように、トレイの上にキャストや軽量カップ等を乗せます。

身体に有害だとされている複製マテリアル・・・
マスク&手袋等をしたうえで作業するのが望ましいと言われてるそうですが、頻繁に作業するのでなければ、それほど神経質にならなくても良いそうです。


キャストのA液、B液それぞれ適量を入れ、手早くかき混ぜます。
性質の違う両液が混ざると熱反応?が起きてキャストは固まるそうですが、反応速度がかなり速いので、混ぜてから、型の準備を始めていたりすると、用意してる間に固まってしまうらしいです(^^;)
キャストを注ぐときは、ちゃんと準備万端整えた上で、手早くスピーディにする事がポイントとなるようですね(^^)



ac24

金属製のスティック等を忘れてこられてましたので、混ぜたりするのに筆を使用されてましたが、本当は湿気を含まないツールを使用しないといけないそうです(^^;)
紙に湿気があるとか、なんだか不思議ですよね~

キャストが完全に固まるまでの時間を利用して休憩タイム~♪

すかさず、マスターが飲み物の注文を取りに来ました(←商売上手や~、爆)

休憩時間に、ミツタケさんが持ってこられていた作品を拝見♪
フルスクラッチの作品が殆どだそうですが、どの作品も素晴らしいです(^^)
その中でも目が釘付けとなったのが、軍服を着た3匹の子豚ちゃん♪
奥様の為に、エポキシパテで自作されたそうで、とにかく可愛い~~~♪
販売してたら、即買ってしまいそうですww
フルスクラッチで原型があまり残っていないバウンドドックもありました♪
複製してほしいという方がおられるとかで、試みられたそうですが、一部パーツが複製できない形だった為、断念されたようです。
画像は、アナハイムカフェさんのblogに掲載されてましたので、そちらをご覧くださいね♪



ac26

休憩が終る頃には、キャストも固まってました♪
本当に固まるの早いw

「触ってみてください」と複製したパーツが回ってきました(^^)
出来立てほやほやで、暖かいw
型から取り出した直後は、軟らかいので、完全に固形化する前に少し形を変える事も可能だそうです(^^)

ac27

「折角だから、真空脱法をお見せします」

真空に出来る容器とでっかいコンプレッサー?が登場♪



真空に出来る容器の中にマスキングテープで嵩増しした紙コップを入れます。

中に切断法で使用した透明シリコンを挿入
紙コップに入れる事で簡易枠代わりとなるそうです。

コップに複製用の液体を入れます(キャスト?)←記憶があやふや(^^;)

蓋をして真空状態にします。

暫らくすると、あら不思議♪常温なのに沸騰し始めましたw

沸騰してる泡が、小さくなって?だったかな、ある状態になると気泡が抜けてる証拠だそうです。
どういう状態になったら・・・な部分は度忘れ(^^;)
さすがに記憶が怪しくなってます(苦笑)

気泡が抜けたら、真空状態を解除♪
蓋を開けると液体が透明シリコンの型の中に吸い込まれていきます。
こうしないと、吸い込まれていかないそうなんです。

暫らくすると固まって複製パーツの出来上がり♪



ac28

ミツタケさんの複製講座、本当に面白かったです(^^)
予想以上に楽しめましたw
行って良かった~♪

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。