--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月12日 (月) | Edit |
2011/11/28
プラ板で戦車の底作り
フィギアが固定出来ればOKなので、形はピッタリでなくてもいいと先生に言われたものの
95式軽戦車136

隙間が少し目立つかも?と気になったので、適当に丸く切り抜いたプラ板を追加
フィギアを固定する為のプラ棒も適当な大きさにカットして置いてみた
95式軽戦車138

大丈夫そうなので、プラ板を接着して、真ん中にアルミ線を通すための、穴あけ♪
95式軽戦車139

プラ棒も接着して、フィギアを乗せて確認♪
95式軽戦車140

サフ専用?としてタミヤのトリガー式ハンドピースを追加購入
タミヤエアブラシ

エアブラシで吹くと、サフ吹きも楽ですね~
95式軽戦車141

お猿さんは、顔も茶系ですので、持ってる塗料の中からサンディブラウンをチョイスして塗装
95式軽戦車142

OHくんと犬は、白なのでホワイトで塗装
95式軽戦車143

初めての迷彩塗装を試みるに辺り、フリーハンドで、色を乗せる事ができるのかどうかの練習を兼ねてお猿の顔をエアブラシでフリーハンド塗装

95式軽戦車144

軽く配置してみて、確認♪
95式軽戦車145

顔等細かい部分はエナメル塗料で筆塗り♪
95式軽戦車146


OHくんが持ってるきびだんご用の塗料買い忘れ(あちゃ~)
薄い色で使えそうなものといえば、サンディーブラウンくらい
とりあえず、やってみるか?と塗装したら、めちゃマズそう(><)
砂色だもんね~(^^;)
どうすべ?と思った時目に止まったのが、ウェザリングマスタースイーツ粘土用(焼き色の達人)♪
95式軽戦車169

試しに塗ったら、おまんじゅうに見えるようになった♪
きびだんごには、見えないけれど、手軽に表現できるウェザリングマスター買ってて良かった(^^)

95式軽戦車147
スポンサーサイト
2011年12月11日 (日) | Edit |
2011/11/28

日本戦車を人が後ろから押しながら、坂道?を上がっていく映像を見たことがあるというエピソードをTK氏から入手w
その映像を私が直接見る機会はありませんでしたが、そのネタ貰い!と思いついたのが、地元のゆるきゃらを絡めた桃太郎ネタ♪
数年前から持っていたイラストカードを基にフィギア作り開始♪
とはいっても、締切は刻々と迫っており、時間は無い!

95式軽戦車126

作り置きしていた、パーツの残骸から使えそうなものをチョイスして、アルミ線を突き刺して、やじろべえもどきを作成
95式軽戦車127

配置したい位置に置いてみて確認♪
いけるかも?
95式軽戦車128


OHくんの顔を鉛筆で軽く下書きして、耳を作りたい位置にアルミ線を接着
95式軽戦車130

アルミ線を軸にエポキシパテで耳作り♪
95式軽戦車131

OHくんを作るようになって、幾年月・・・
やっと、耳の後ろを丸く作れるようになった~♪
95式軽戦車132

腕も作って、その延長線上に団子も突き刺しw

95式軽戦車133

猿になる予定のパーツの横にアルミ線を突き刺し、耳のガイドに♪
95式軽戦車129

お猿の耳は難しくて苦労しましたが、中々いい感じになったような?(^^)
95式軽戦車134

しかし、犬は、どう見ても猫にしかみえずorz
95式軽戦車135

そして、雉とフィギアに服を着せるのはまだ無理と断念
2011年10月19日 (水) | Edit |
カテゴリーを分ける為に、フィギア部分のみ抜出w



色々と時間の足りないこの機会に、以前先生から聞いてたエポパテ乾燥短縮法を試してみることにしました♪

エポキシパテを捏ねて、作りたい大きさにできたら、温冷庫にIN
他の作業もしながらだったので、正確な時間は忘れましたが、短時間で硬化するので便利~♪

たまひこトムキャット100

ランチの時間を利用して、作りたいフィギアのお絵かき作業
うむむ・・・・カバガラスはやはり難易度高すぎか?
サクサクパンダのほうは、なんとかなりそうなんだけどな~
たまひこトムキャット101

去年作り置きしておいた、エポパテパーツ群の中から、使えそうなものをチョイス♪
アルミ線を突き刺し
たまひこトムキャット103

アルミ線を軸に、エポキシパテを巻きつけ、手足や耳等を作っていきました
たまひこトムキャット104

鉛筆で軽く目鼻口を書き入れ確認
うん、なんとかなりそうだ♪
たまひことむきゃtt105

そして、塗装開始
サフを吹いて、ラッカー系で白塗装→エナメルで筆塗り
今回は、絵をじっくり観察してできるだけ顔が似るように頑張ってみた♪


たまひこトムキャット106
たまひこトムキャット107
たまひこトムキャット108

背景は、ラベルマイティという簡易ラベルソフトを使って作りました♪
これを印刷した時はまだプリンターも普通に動いていたんですけどね~(^^;)
事前に印刷してたこの紙がなければ、どうなっていたんだか(あはは・・・)
たまひこトムキャット109

サクサクパンダは、最初カバヤマークのある位置に乗せる予定でしたが・・・目立たないので、位置変更w
ピンバイスでトムキャットに穴を開け、グサッと突き刺してますw
たまひこトムキャット114

たまひこトムキャット112


毎度のことながら、出来てないとこだらけですが、とにかく完成です♪
やっぱ、ゆるきゃら作りは楽しいね~♪

2010年12月03日 (金) | Edit |
2010/9/24

「貴女は、フィギュアも作れるんだから、他のゆるキャラも作ってみません?」

OH君以外のゆるキャラを作るてのは、私の中では想定外w
言った本人は、言ってみただけ~♪なノリだったそうで、私が本当に作るとは思ってなかったらしい(←ヲイ、爆)

一番余裕のある時期に、あろうことか、普段メインに使用している軽量エポパテが市場から消えるという騒動の真っ最中で作れず(^^;)
先生の話では、時々そういう事があるメーカーさんらしいw
だから、普段から3本くらい在庫を持っておきなさいて言われた(激爆)
そんなこんなで、エポパテ温存してる内に余裕がなくなって、実際に作り始めたのは、9月の下旬からという有様(遅っ!)


時間のある時に、基本の芯になる部分を作っておいてくださいね
先生からアドバイスもらったのは、1次審査用の写真にタイトルを付けた頃(笑)
タイトルに『ゆるキャラ』を入れたからには、フィギュア増産は必須条件となりました(←自ら崖っぷちに一歩前進、爆)

当初予定していた、地元ゆるキャラオール出演は時間的にも、スキル的にも無理がありすぎなので、比較的簡単に作れそうなキャラの選別作業(笑)
出来損ないが幾つかある、OHくんと、地元ローカル局のキャラから、ななちゃん(卵型のキャラ)、ろくたん(四角いキャラ)をチョイス♪

ゆるきゃら1


まず、簡単な絵を書いてみて、本当に作れるかどうかの確認
なんとかなりそう♪

とりあえずエポパテこねこね~
最近は捩りながら混ぜるやり方を好んでやってます♪
ゆるきゃら19

作りたい形の基礎を適当に量産(笑)

ゆるきゃら2


柔らかい内に丸くしたエポパテの片側だけ転がして卵形に♪
ゆるきゃら20

硬化後、少し削って
ゆるきゃら21

ペーパーがけ♪
ゆるきゃら6


今回は、時間的余裕も無い為、1000番くらいまでやったところで放置w
ゆるきゃら3


取り扱いに注意は必要ですが、エポパテこね作業楽しい~♪
ろくたんの、髪の毛?は針金で、足はプラ棒を突き刺して接着しただけのお手軽ゆるきゃら作りw

ゆるきゃら4

今なら、少し改修できるか?と最初に作ったOHくんを取り出し、削り作業
これ、タミヤ製のエポパテで作ったんですが、硬くて怪我しそうになって、改修を断念(^^;)
まだ、手に追えないようですw
ゆるきゃら5

続いて、OHくんの出来損ない2号の改修作業♪
お腹や顔に膨らみを追加したりアートナイフで削ったりしました(^^)
あれ?いつの間にか前よりできる事が、増えてるような?
ゆるきゃら7
ゆるきゃら11


手だけは、作りなおそうとカットしたはいいけれど、調子に乗ってたら、余裕が益々なくなり、この2号も未完成のまま放置するはめに(←ご利用は計画的に、爆)
ゆるきゃら8

ホワイトサーフェーサーを吹いて~
ゆるきゃら9

エアブラシで白塗装
ゆるきゃら10

ろくたんの赤は、筆塗りするつもりだったけど、ここはエアブラシ塗装のほうがいいかも?と考え直し正方形に適当カットしたマスキングテープをペタリと貼り付け
ゆるきゃら12


塗装に入ったのは、締切直前で、徹夜した某日w
はっきりいって、余裕はどこにもない!
顔は、ピコックで書くつもりでしたが、万が一失敗した場合の改修を考えるとエナメル塗料のほうが良さそう
ペーパーがけも端折ってるので、エナメル塗料を使っても修正は難しい・・・
ある意味、賭けでもあったけど、一発筆塗りにトライしたら、上手くいったw
鉢巻は、手持ちのキラキラ紐♪
ゆるきゃら15

OHくんの頭は、マスキング無しで、筆塗り
余裕の無さからくる緊張感のおかげか、綺麗なカーブラインを入れることに成功♪
ゆるきゃら13

しかし、顔は、ちょいイマイチかも?(^^;)
ゆるきゃら14

ななちゃんの顔も書いて~とここまでは比較的順調でしたが、足を作るのを忘れてた事に気づいて大慌て(爆)
ゆるきゃら16

適当に量産していた、エポパテの塊の中から使えそうなものをチョイスして無理やり足にして塗装
耳も塗装したけど、こちらは、失敗して、シンナー風呂いきに(トホホ)
それでもどうにか完成(^^;)
眺めてみると、あら不思議極限状態の中で作ったわりには、上手く出来てるような?w
ゆるきゃら17

ただ、ななちゃんの足は、元々そのつもりで作っていたわけでは無かったので、そのままでは立たず(^^;)
針金をのばして立たせたんですが、後日とある事情により、やり直す事となりました(爆)

ゆるきゃら18
2009年09月28日 (月) | Edit |
折れたOHくんの腕に穴を開けます。
いきなりピンバイスでの穴開けをすると位置がずれてしまいますので、針等で基点となる穴を開けたほうがいいそうです。
しかし、模型教室に針はありませんw
代案としてピンバイスをグイっと押し付けて凹み作り(←豪快すぎるだろ!爆)

「ウェーブのエポキシパテは軟らかいのでこういう手が使えるんですよw」と先生

OHくん1

伸ばしランナーで作った芯を接着して、腕の形に微妙に湾曲させます(^^)
そして、芯を軸にエポキシパテを盛って腕復活♪

OHくん2

ついでに、パイロット胴体の中にもエポキシパテを詰めて、模型教室時間が終了
1時間半だと、あっという間ですw

OHくん3

帰宅後切り離した、パイロットに付ける頭を選別w
頭部に近い大きさのものを今回は使用します。
失敗作を捨ててなくてよかった(^^)
でも、耳の部分が少々気に入らないので、パテを盛り形と補正しました。

OHくん4


顔と胴体を繋げる為にピンバイスで中心に穴を開け、先生に貰った軟らかい針金?を頭部に接着
胴体には、差し込むだけな状態にしてますので、顔の向きは自由自在ですw

パイロット4

そして、サフを吹いて、カンスプレーで白塗装♪
頭の黒は、マスキングしてからエナメル塗料で筆塗りします
予想はしてましたが、顔書きに失敗、一度ドボンしてやり直して際度塗装(^^:)
顔が気に入らないけど、締め切りもあるので、今回はこれで我慢ガマン(><)
パイロットの胴体はOHくんカラーのオレンジにしましたw

パイロット5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。