--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月26日 (木) | Edit |
2012/4/1

接着できたので、エポキシパテを充填
久しぶりだったので、盛りすぎてしまった(^^;)
余ったエポキシパテは、ゆるきゃら用に適当に丸めて放置♪
ルザルガ24

体調がよくなってきてるとはいえ、自宅で削り作業をする気にはならず・・・

プラカフェさんに行けた時に作業しようと考えていたけど、タイミングが合わなくて気が付けば2週間弱(爆)
思い切って自宅で作業することにしました。

盛りすぎたエポキシパテの削り作業
最近は気軽に使うようになったエポキシパテですが、取扱いに注意が必要な素材であることには変わりなし(^^)
アレルギーが出る出ないは個人差があるものの、地元組で激しいアレルギー反応起こした人がいるので、そうならないように気を付けるようにしています。
フィギア作りにも楽しさを見出してる私にとって、エポキシパテが使えないなんて事になったら立ち直れないですからね~(--;)
毎回、アレルギー起きませんようにと祈るような気持ちで使ってますw

ルザルガ25

そんな訳で、少しでも粉の吸い込み量を減らすために、超音波カッター&アートナイフ等で面取り

超音波カッターを使うと力を入れずにサクサクカットできて本当に便利
でもアートナイフを使った削れてるという感触も好き(^^)

ルザルガ26

下腕パーツの削り作業
少し削ってはふき取りを繰り返しながら作業していたものの、1時間ほど経過したあたりで、咳き込み始めたので、一旦中止
ルザルガ27

削れないなら、先に埋める作業しようかな?と黒瞬着を使ってスジ彫りの埋め作業
マスキングテープの上に黒瞬着を出してから爪楊枝等でスジを埋めるように充填
↓因みにこの丸パーツのスジ彫りの埋め作業はやらなくても良かったらしいw
聞いてるようで聞いてない証拠1です(あはは)

ルザルガ28

今回使用したのは、去年大阪で購入してたシアノンの黒瞬着
シアノンの瞬間接着剤は流通の関係で岡山では販売されていません。
白と違って黒は代用となる黒い瞬間接着剤がすでにあるので、シアノンにする必要はないんですが、最近は気になったものは購入してお試しするようにしてますw

削り作業をすぐするわけではないからと、硬化スプレーを使わなかったら、翌日にみたらヒケてた
削ったらどうなるかな?とやってみたけど、溝がまだある感じ(^^;)
ルザルガ29

盛り方が少なかった?と2度塗りしてみたけど、やはり結果は同じ
やり方がまずいのかしら?
再度瞬着を盛りなおして、硬化スプレーで即固めたら翌日になってもそのままだった♪
これでいいのかな~?
ルザルガ30

削りカスをふき取りながらだけでは咳が止まらないので、下にもウェットタオルを置いてみた。
乾ききる前に、頻繁に交換しないといけないけど、これをやりだしてから咳があまりでなくなってきた(^^)
マスクはもちろん必須だけど、ちょっと改善♪
でも、調子に乗って、日曜日に5時間ほど作業したら月曜日の午前中いっぱい咳き込んでしまった(うむむ)
pulekoさんみたいに、排気ダクト仕込めたらいいんだけどね~(あれマジで羨ましいw)

ルザルガ31

カーブラインに気を付けつつ、瞬着で埋めた部分に違和感がなくなるまで、ひたすら削り作業
ルザルガ32

爪に引っ掛からなくはなったけど、指の腹でなでたら微妙に違和感
やっぱ、先生の見本品みたいにはいかないな~w
ルザルガ33
スポンサーサイト
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2012年04月22日 (日) | Edit |
2012/3/18

今度は、軸を装着して再度確認♪
きちんとはまりそうです(^^)
ルザルガ20

接着してもOKという事なのでその準備

パーツの付け間違いというのは私の場合、ほぼ標準装備w
ボケるつもりじゃないのに、ボケ仕様になるのはなぜなんだろう?w

軸を反対側の穴?から出してるのに先生が気づき修正(言われるまで全く気が付かなかったw)
ルザルガ21

「あっぶねえな~、接着前で良かった」と言われたのもつかの間・・・


接着したパーツを眺めてたら、軸の角度が何か変なような?
先生に見てもらったら、やっぱり間違えてた(爆)
接着直後だったので、分解して正しい角度になるように装着しなおしてとバタバタ

一息ついたところで「ネタ的には、このままのほうが面白かったかもしれませんね」なんて先生言ってたけど、それだと修正で泣く羽目になりますがな(爆)

残りの腕パーツも全部とりあえず接着していいということなので、接着作業
ルザルガ22

模型教室の残り時間が少なくなってきたので、今後の作業の確認

事前に、鍵穴方式の後嵌めは、こういう感じでやりますという写真は見せてもらってました。
ルザルガレクチャー2

見ても、読んでも聞いても中々飲み込めなかったのが、腕の上下を繋ぐグレーパーツの後嵌め加工
挟み込みながら組み立てるようになってるので、パーツ単位で接着した=どこかをカットしないと組み立てられない
それは判るんだけど「ここをカットすればOKだから」と印をつけてもらっても、なぜそこなのかが、判らない(う~ん)
ルザルガ23

先生が事前レクチャー用に作ってたキットを例に、こう嵌めるんですよという実例を見せてもらって、やっと半分理解
ルザルガレクチャー3

ルザルガの設定画をみながら、ここが違うので、「黒瞬着で埋めます」「削ります」という点を事前レクチャー品と見比べながら駆け足で先生が説明
ルザルガレクチャー4

自分でも気づいていた相違点もあったし、「え?そこも違うの?」な部分もチラホラ
どうしても細かな部分は私の目はスルーしてしまうというか目に留まらないw
「へ~」とか「ほ~」とか言いながら聞いてました(^^)

ルザルガレクチャー5

先生が事前作業してたパーツを触らせてもらったけど、ツルツルで全く段差なし(う~む)
マジックで書いたんですよと言われたら信じてしまいそうになるくらいに違和感がない
果たして私に同じようにできるんだろうか?

腕それぞれは、鍵穴方式を採用する予定
久しぶりだし、私はまだ1回しかやったことないし、何より90度云々を考えて作業するのが大の苦手
ブツブツ言ってたら、先生が根負けして「こう削りなさい」と書いてくれたwww
以前と違って、すぐ直接相談できないしね~w
こういう作業をやりだすと、以前みたいに直接聞いて教えてもらえる機会が月1というのは、痛いな~と思ってしまう(^^;)

3月の模型教室でやったのは、ここまで~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2012年04月21日 (土) | Edit |
2012/3/18

カットしたことにより、大穴があいてますので塞ぐ為の底板作り準備♪

表側が大まかに削れたら、今度は裏の確認♪
ルザルガ10

プラ板を貼るのに邪魔になりそうな部分を削り落として、段差がなくなるようにペーパーがけ♪
ルザルガ11


「正確に測るのと、お手軽なのとどっちがいいですか?」


勿論、お手軽でお願いします(^m^)

パーツを合わせて、マスキングテープを貼り付け型取りします(見本作業は先生)
底板にするので、形より少し大きめにプラ板をカット(現物合わせするので大きさは適当でいいそうです)
ルザルガ12

カットできたら、ペン等をガイドに軽くカーブさせます
ルザルガ13

貼り付けたいパーツと現物合わせで長さを調整
こういう作業も、目の前で実演してもらえるからこそどうにか理解できるんですよね~
何もないよりは、あったほうがいいけれど、写真や文章のみで理解するのは本当に難しい
ルザルガ14

パテ埋めする前の底になればOKなので、正確に形を合わせる必要はないそうです。
ただ、角がそのままだと干渉しやすいので、最初から角を落としておくと合わせやすいんだとか(^^)
長さが決まったので、同じものをもう1枚作ります♪
ルザルガ15

角をカットして、そしてペン等を利用してカーブを付けてみたけれど、やっぱ同じようにしても同じにはなりませんですね~w
ルザルガ16

準備ができたので、いよいよプラ板を半円パーツに接着です。
接着する際に上向きになってしまうと嵌らなくなるので、カーブ面との隙間は気にせずに、90度の直角になるようにプラ板の向きを気を付けるというのが先生から受けた注意点
直角かな?な角度にできたところで、流し込みタイプの瞬着で接着→硬化スプレーで瞬時に固めましたが、1個目は吹きすぎてカニが吹く泡のようになってしまった(爆)
膨れ上がった部分はカッターで削る羽目に(^^;)
それでも、ここまでは比較的順調♪
ルザルガ17

次に、プラ板が付いていない反対側のパーツと合わせて確認しながらプラ板の幅を調整
隙間分をカットしてもどこかが干渉してるのか、中々ピッタリな感じで嵌っていかず四苦八苦

10分、20分・・・・・40分と悪戦苦闘するもうまくいかない~~~~

ダメだ(><)
先生やっぱり嵌りません~~~~

「どれどれ」


ニッパーでパチパチ2か所カット
「ん?嵌りましたよ?」

その間・・・・5秒(爆)
くやちいいいいいい~~~!
ちくしょ~~~~~!


「まあまあ(^^;)ほら私は一応2個目だしね」

判ってるけど、判ってるけど5秒だよ!5秒!マジで悔しいんだけど~~~!


このくらいにカットすれば、絶対填まるからと、残りの1つに印をつけてもらってカット作業

ルザルガ18

どうにかこうにか、なんとか嵌ったけど先生が作業した見本品と違って隙間が多いのがなんか悔しいw
ルザルガ19
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2012年04月19日 (木) | Edit |
2012/3/10

プラモを作るようになって数年経ちますが、重さやサイズ等詳細な設定を気にした事は一度もありません(^^)
色ですらスルーする私が、全長○mな部分に目を留める日が来るなんて思ってもいなかったなあw


作りたい大きさに設定画を拡大コピーするようにと言われていたので、ルザルガの設定上の大きさを確認

全高16.3mとなってます。

1/144に縮尺すると11.3cmくらい?
さて、全高てどこまでなのかしら?

バックパックまで含むのかそれとも含まないのか?(・・?)
拡大コピーしたものを2種類用意
ルザルガ2

バザムとガッシュの間に置いて比較
ルザルガ3

バランス的には、バックパックまで入れて拡大コピーしたもののほうが、よさそうだけど・・・
部品取りする予定な、バザムの腕の大きさと似てるのは、頭までで1/144に拡大コピーしたもののほうが近いような気がするような?


先生の話では、バックパックを含まない場合は、「頭頂部まで○○m」のような表現になる筈なので、今回はバックパックを含めての大きさと考えればいいらしい
あとは、他の人にも言われた事だけど、他の機体とのバランス比をアニメ等で確認して決めたりすればいいものでもあるようです(^^)
初めてのミキシングだし、あくまでも私が出来る範囲での改造となるので、シビアなものを作る気は最初から無し♪
今回は、バザムの腕から始めて、それをゲージにしつつ作っていきましょうという事になりました(^^)


さすがに、初めての本格的な?ミキシング作業ともなると、事前レクチャーなしでは少々キツイ
先生からルザルガ講習1回目用として写真11枚と文章が届きました♪
写真を見るだけでも、大まかな作業内容は判るようになってましたが、それでもやっぱり難しい部分が随所に有り(^^;)
もしかしなくても早まったか?でも、読んでるだけでも楽しい~
ルザルガレクチャー1


3月の模型教室で直接聞いて作業して改めて読み直してみると、理解率が段違い
やっぱ、見ると聞くとでは大違いて事みたいです~


で、事前レクチャーありの、模型教室での講習ありので、非常に助かっておりますが、先生のほうは「細かく撮影しながら作るの向いてね~」と、すでに泣きが入っておりますです(←まだ1回目なのに~、爆)

3月の模型教室の際、「思ったよりも流用パーツが少なくなりそうです。簡単ではないですよ?それでも作りたいですか?」と先生から最終確認されました。

スクラッチ部分が増えると聞いても、私の気持ちは変わらずです(^^)

完成したら嬉しいけど、完成しなくてもOKというのが私のスタンス♪
お気楽トンボで、なるようになるさ~、ケセラセラ~♪で行きます(^m^)v


まずは、先生が見本作業
ルザルガ4

ルザルガの肩にはない、余分な部分を超音波カッターでカットします。
ルザルガ5

自分でも同じ作業をやってみた♪
ルザルガ6

少し残すような感じでカットして、合わせて確認
切り口ガタガタです(^^;)
ルザルガ7

先生の見本品と並べて比較
同じようにやっても、明らかに出来が違うw
ルザルガ8

パーツを合わせた状態で、金ヤスリ等を使って均一に♪
あれ?もしかして前よりは金ヤスリの扱いが上手くなってきた?ような?(あくまでも当社比w)
ルザルガ9
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2012年03月24日 (土) | Edit |
2011/11/3

銀河漂流バイファムは、リアルタイムに見ていた世代ですが、特別に好きだったわけではありません。
特に、子供特融のストーリー展開が苦手だった(^^;)
そんな訳で、バイファムシリーズのキット再販が久しぶりに決まって話題だった去年も、「ふ~ん」て感じでしたが、電ホビのバイファム特集記事(2011年12月号)にあった、このイラストのプリティーぶりに、一目ぼれw

バイファム1

「可愛い♪ キットになってないのが残念、こういうのだったら作ってみたいと思うのにね~」等と呟いてたら、先生が反応w

「レクチャーしますので、作ってみますか?」というので、ミキシング等を教えてもらう調度いい機会になるかも?と乗っかる事にした(^m^)

どちらが、作りたいですか?と聞かれ選択したのはルザルガ♪
足がないほうが楽かな?という単純な理由でチョイス
超メカ音痴なワタクシ♪
ドルギムもルザルガも勿論全く記憶に残ってなどおりませんw

現在手に入りやすい資料集を教えてもらって早速購入
バイファム2

ルザルガやドルギムをこの時初めて確認

バイファム3


可愛くない~~~~!
電ホビに載ってたイラストは可愛かったのに、本物?は、どうしてこんなに無骨なの~(←ヲイ、爆)


とりあえず、再販されたキットの敵メカは押さえておくようにと言われてたので、ガッシュとバザムを購入♪
バイファム4

バザム
バイファム5

ガッシュ
バイファム6

軽戦車作ってたり、体調崩したりで、暫く放置すること数か月

今月に入って、リハビリがてらガッシュを仮組
バイファム7

コロコロした丸っぽい体系に親近感がw
バイファム8

サイズもあまり大きくなくていい感じ♪
2個づつ購入しとけばよかったかしら?
バイファム9

続いて、バザムも仮組
バイファム10

2体並べてみた
バイファム11

仮組する前はそうでもなかったけど、可愛く見えてくるから不思議です(^m^)
バイファム12

素材として使えるのは、バザムのほうになりそうだな~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。