--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月19日 (火) | Edit |
更新再開する頃には、HPのほうで出品作品の写真は、全て公開されてるだろうなあと思ってたんですが・・・・

本家本元の更新も止まってる(爆)
年内に更新されるのでしょうか?←え?聞くな?www

すいません、長いです、頑張って最後まで読んでくださいね(^m^)





軍曹の作品

ジュニア中高部門で銅賞受賞(おめでとう♪)
あれ?F店長の作風にそっくり~と思ったら軍曹の作品でしたw
模型教室平日コースの古株でもある彼ですが、ここ1年でFさんから受けた指導の影響か?作風がFさんちっくになってきました~
好みが似てるからかもしれませんけどねw
明石プラモ甲子園25

Y君、T君、K君、S君の作品
バンダイ命なS君以外は全員戦車で出品w
皆がAFV系を作ってるので、S君も作ってみたくなったのかヘリコプターを作ったりもしてたそうですが、発狂しそうになってたそうな(あはは)
現在は、受験の為に模型教室からサヨナラしちゃったK君以外は、カルチャークラブの文化祭用に皆でダンボール戦機作ってます♪

明石プラモ甲子園26

↓ホビクラのお客さんな小学生の男の子の作品
キラキラ系が好きな子だそうです。
明石プラモ甲子園27

F店長の作品
全体を取った写真があった筈なんですが、なぜか見つからず(どこにいった?)
子供達の作品と交互に見比べてみると、Fさんの影響が色濃く作品に出ているのが判りますね~
明石プラモ甲子園37


たいこれさんの作品
とても真面目な方で、先生が「○○までやっておいてくださいね」と言うと「は~い♪宿題やってきました♪」とコツコツと宿題をこなしてくる模型教室組の中では数少ない優等生の一人(爆)
何か言われる度に「え~?」とか「無理~~~」とかブツブツ言ってる私とは真逆な方でもありますw

ベースの一部にスチレンボードを使用してます。
私がJMC用にスチレンボードを使ったベースをどうにか作れたのも、この時に作業風景を少し眺めていたからでもあったりw
明石プラモ甲子園28

Q太郎さん、TKさん、Aさんの作品
模型教室日曜日コースな面々は、それぞれ自分の好きなアイテムで参戦♪
スターウォーズ系で出したAさんの作品は、前後逆に展示されてしまうというオチがつきました(爆)
メカ音痴な私は、当然その間違いには気が付かずw
裏表ちゃんとあったのねな感じでした(^m^)
K君も出す予定だったんですが、間に合わなかったそうです(良かった、私一人じゃなくてw)
明石プラモ甲子園30


関西組のOさんの作品
カーモデラーな印象があったので、てっきり車で出したのだとばかり思ってましたが、想定外のアイテムでの出品でしたw
ご本人曰く「雑食モデラー」だそうです(笑)
その割には、車な話題が多いような気がするんですけどね♪
明石プラモ甲子園29

iibaのマスターの作品
波に使ってるアイテムにアイデアがきらりと光りますですね♪

明石プラモ甲子園31
2階に設置された関西のサークル展示エリアには、iibaのコーナーもありました♪
お客さん達の作品が色々展示してあったんですよね~
毎回見ごたえたっぷりな展示ブースです(^^)
締切に間に合わなかった私の作品もここに展示させて頂けて有りがたかったです
明石プラモ甲子園32

サークル展示エリアにあった、こちらの作品
作った方は漫画家さんだそうです。
マクロスな作品は、デカールではなくて、手書きだとか(うひゃー)
独特なカラーセンスが羨ましいですね~
明石プラモ甲子園33

頂上決戦にだされたミツタケさんの作品
今回は、可愛いスヌーピーネタです(可愛い~♪)
惜しくも4位という結果でしたが、出来れば、来年もフィギアつきの可愛い系な作品でお願いします(爆)
明石プラモ甲子園34

頂上決戦には、こんな作品も♪
ハガ錬のエンヴィです(爆)
夜中に見たら夢に出そうですw
明石プラモ甲子園36

プロアマ混合な頂上決戦で群を抜いていたのが、大賞のこちらの作品
とにかく、作り込みが凄くてため息しか出ません
眼福な作品でした♪
明石プラモ甲子園40
明石プラモ甲子園41

こちらは、一般部門の作品♪
ジャンクパーツを集めて作ったそうです(^^)
ハセガワさんで毎月開催中のジャンクプラントに出しても良さげですよね♪
明石プラモ甲子園38
明石プラモ甲子園39

プラモ作品ならなんでもOKなおかげで、面白系な作品もちらほら

明石プラモ甲子園42

会場見物してた子供達に絶大な人気だったのが、楽さんの作品
「写真撮って♪撮って♪」と傍にいたお爺さんにおねだりして、Vサインで記念撮影していったり、かぶりつきで見物してたり、ワンピース人気恐るべし
ディスプレイ賞おめでとうございます~
明石プラモ甲子園35

此方も子供が喜びそうなアイテム
プリキュアです
うちの、姪っ子たちもこういうの作ったら喜ぶかも?(技術ないけどw)
明石プラモ甲子園43

和テイストなガンプラ
水墨画のようなガンダムもプラ作品です。
背景と違和感がないように塗装されていて、写真に撮ると、絵にしか見えません
お地蔵さんなガンプラも、道端にいそうで面白いw
明石プラモ甲子園44

メッキコーティングなアッガイ群
明石プラモ甲子園45

サンダーバードな作品
アイテムに2号機4号機?があるのもあって、注目♪
明石プラモ甲子園46

ご当地ものということで、タコフェリーがあったり
電気も付きます
明石プラモ甲子園47

お祭りものがあったり
明石プラモ甲子園49
この作品を見てるとき、制作者さんのご家族と思われる方が、作ってる時のプチエピソードを誇らしげに語ってる姿が印象に残りました。
明石プラモ甲子園48

やっぱ、1ページに纏めたら長いですな~w

ここまで、読んだ方はご苦労さまでございました♪
スポンサーサイト
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2011年07月18日 (月) | Edit |
女性の参加者が多いと男性陣が、やたらと驚いていた明石プラモ甲子園第2回w

多いといっても、参加してたのは、一桁代だったと思うのですが、受賞した方が半分くらいいたので、ものごっつ目立ってましたw

今回のプラモ甲子園、全部で軽く400点越えな作品が集まっておりましたが、その中で異彩を放っていたのが、一般部門金賞受賞した蒔絵風キュベレイ♪


とにかく、綺麗な仕上がりで、キラキラ好きの私はこの作品にロックオン(爆)
なんといっても、和風ですよ!和風!それも作ったのが女性!
もうね~、私が見てみたいと思ってた和風プラモの出現に狂喜乱舞です♪
誰も作ってくれないから、自分で作るしかないか~、でも画才も技術も無いし~と諦めかけてたとこだったんですよね~
自分でこういう作品が作れたらいいのだろうけど、それは一生かかっても無理なので、こうして実際に作る方が現れたというのは本当に嬉しい♪
本当に、本当にこういう作品が見て見たかったの♪

明石プラモ甲子園14



日曜日に合流したpulekoさんの話では、京都のボークスでも蒔絵風の作品で受賞してる人が居たそうで(はるかさんから聞いてたらしい)、多分同一人物だろうと言ってました♪

片づけタイムの時に、楽さん達がご本人に色々質問してたので、便乗で作り方を聞くことができたんですが、これ全て手書きだそうです(マジでびっくり)
シールは一切使わず「絵が描ける人間なら書いたほうがいいかな?」と書かれたそうです。
和柄のデザインも普段からされてる方という事で、蒔絵に慣れておられる方のようです。

各所ごとに、微妙に書き方等も変えておられて、一つ一つ丁寧に説明してもらえました♪
特に、ツルツルコーティングしてあるところとしてない所は、実際に触ってみてくださいと言ってくださって、触る事もできました(^^)
本当に凄いな~と感心するばかりです♪

このキュベレイが見れただけでも明石に行った甲斐があったな~て思いました♪


明石プラモ甲子園15

日本プラモデル工業協同組合賞のこの作品の制作者さんも女性♪
会場には来られていなかったようですが、子育ての合間に作られた作品のようです(合間に作れちゃうとこが凄い)
AFV系では、よくこういう建物を見かけますが、色味が綺麗です(^^)
裏も見えるようになってます♪
どこまでが既存のものなのかは判りませんが、きっと色々手を加えられてるんだろうな~

明石プラモ甲子園16

レディース賞
今回から各種副賞が新設されました♪
その一つがレディース賞(^^)
女性限定という事で他の賞よりは取りやすいとはいえ、受賞した人のレベルが高い(^^;)

平仮名で「せんかん」とタイトルがついたこの作品
多分、去年ニュースで取り上げられてた人が作られたものだと思います。
船に詳しい人が回りにいなかったので、解説要因な先生の不在が痛いw

明石プラモ甲子園18


車のジオラマ作品
お洒落~な女性でした♪
まだ、模型を始めて3年だそうです(え~~?)

明石プラモ甲子園17


女性で入賞したこれらの作品をみて
「やっぱ私はビギナーだって思うわ~」て言ったら

「また始まった!誰がビギナーや!」て、関西組に全力で否定された(ちっ!)

明石プラモ甲子園19

入賞されてませんが、こちらも女性の作品♪
作風から、多分去年「初めてのカーモデルです」と内装を布張りしてた方だと思います(^^)
色が綺麗~♪
ベースも涼しげですね~(^^)

明石プラモ甲子園24



アーマーモデリング編集部の女性の作品
さすが編集部という感じです。
この方も模型を始めて日が浅いそうですが、とてもそうは思えません
写真撮影向きに塗装されていたため、会場では少し不利だったかな?という印象を受けました。

明石プラモ甲子園20

はるさんの軽戦車
猫の配置の仕方が猫好きさんならではな感じです♪
土と草の配置を見て、フェアレディのベースもこうすべきだったよな~と反省w

明石プラモ甲子園21

pulekoさんの作品
改造したところが、判るように素組も配置してあります。
前回でベースの重要性を認識されたそうで、今回は針金ワークに挑戦♪
すげ~としか言いようがありませぬ~
今回も男性陣が唸っておりましたw

明石プラモ甲子園23

そして、締切に間に合わずネタとしてiibaブースに飾らせてもらったフェアレディ(マスターありがとうございます~)
いや~もう酷いです。
作ってる最中は夢中で、出来るだけ頑張ったつもりですが、冷静になってみると痛すぎる出来具合w
因みに、後日先生からは、出来云々以前に締切に間に合わせれなかった時点でアウトと言われてしまいました。
趣味だろとなんだろうと、締切は締切ていう事なんですよね~(色々と仕切り直しです)

明石プラモ甲子園22

今回、女性が作られた色々な作品が見れたことで、いい刺激になりました♪
来年は頑張ろうってそう思えましたね~


4へ続く♪
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2011年07月16日 (土) | Edit |
お城繋がりということで、カレンさんがプラモ甲子園用に作った作品が登場♪

明石プラモ甲子園7

「え~~~~~!」

スタッフさんから聞かされていなかったのか、慌てるカレンさんを余所にお城キットはヤマタクさんの手元へ(爆)

上から、横から斜めからとしっかりチェックされておりましたw
しかも、時には発売元の?童友社の会長さんまでチェック♪チェック♪チェック~♪

ひえ~~、な感じのカレンさんを見てるほうは面白いですが、当事者としては、生きた心地がしてなかったかもしれませんね~(激爆)

模型を作るのはまだ4個目だというカレンさん
去年の明石に車を出して、プライベートでも確か車を1個、そしてイベント用で飛行機を1個作って、今年の明石にはお城に挑戦
お店の人に聞いたり、ブログでのコメントやweb検索で調べたりして作ったというこのお城
ドライブラシをしたり、ちょっとした色付けもしてあったりと、その苦労の跡が、ヤマタクさんの目にははっきりと映るのか、しきりに唸ってました(^^)
「本当は厳しく言ってほしいと裏で頼まれてたんだけどね~・・・・」

そのあとの言葉が続かない(^^;)
察するに、まだ模型を始めたばかりの人に厳しいことは言たくなかったのかな?なんて思いました♪


明石プラモ甲子園9

言葉を発する度に唸ってたヤマタクさんですが、得に唸りが凄かったのが、この池の部分

これは、本来無いものだそうです。
カレンさんもその事は判ってたそうですが、色味を良くするために、敢えて入れたんだとか

「女性ならではだよね~」

つまり、男性だったら、そこに無いものは加えられないて事なのかしら?w

明石プラモ甲子園8
「何か聞きたいことない?今ならタダで教えてもらえるよ」と囁く編集長さんの言葉を聞いたとたん、カレンさんの目がキラリと光った(←皆、タダには弱いよね~爆)

なぜか、安っぽくなってしまっという壁の塗り方アドバイスを受けてました♪

明石プラモ甲子園10


静岡のほうで、ヤマタクさんの情景展示会が開催されてるとかで、明石に持ち込まれていたのは、お城キット3点のみ

明石プラモ甲子園11

座談会のテーマがお城ということで、こちらの作品も会場入り
会場では、カレンさんの作品の隣の置かれておりましたw
この作品は、HJの作例用で作ったものだそうですが、木の葉っぱの地上から浮いてる感じを出すのにとても苦労されたそうです
情景を作る際のヒントになるのが、電車等から見える風景
ゆっくりと流れるように変わっていく風景が天然のジオラマとして見ることができるので、とても参考になるそうです。
実際明石からの帰り、新幹線からの眺めをジオラマを意識してみてみると、今までとは見え方が違ってて、なるほど~と思いました~♪
やっぱ、先駆者は視点が違いますね~
明石プラモ甲子園12

お城作りで、難しいのは、何時の時代のお城にするのか?という事だそうです。
作られた当時のものを作るのが理想とはいえ、その時代の資料はほぼ皆無(そりゃそうだ)
お城といえば、赤い橋が定番だったりしますが、この橋も実は当時は、かかってなくて後からくわえられたものなんだとか、だから厳密に言うと橋があるのは違うという事になるらしい
でも、橋は必要なんだよね~と、つぶやいておられました。
お城って、今でもいくつかは存在しますが、殆どが改修されたもの、だから、当時ものに拘らず、コンクリート製のお城として作るのも面白いんだとか・・・
過去のものにするのか、現代のものにするのか?それを考えて作るのもお城を作る楽しみの一つだったりするそうです。

明石プラモ甲子園13

お城キットを作ってる童友社の会長さんは、従業員の女性にデコ系のお城を作らせてるらしい

「これがね、綺麗でいいのを作るんですよ♪」


そう言う会長さんに、私は凄く驚きました。
一番頭が固いお年頃な方の筈なのに、柔軟な思考をお持ちなんですね~
裏を返せば、正統派だけでは、もう模型ユーザーの増加は見込めないということの表れなのかもしれませんが(^^;)


追記
一時お城は、いらないとなった時代があったそうです。
その時の姫路城(本物)の販売価格は23円(爆)
当時と今の物価が違うとはいえ安い!安すぎる
しかし管理しきれないという事で持ち主は権利を放棄したんだとか(笑)

「本物よりプラモのほうが高いんですよ(笑)」と笑いながら童友社の会長さんが言われてました。
あと、観光の為に、無いお城を作ったものの、客が来なくて閑古鳥な某地方の話しとか、今回の座談会、色々な話が聞けて楽しかったですね♪

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2011年07月15日 (金) | Edit |
明石プラモデル甲子園の受賞作品がupされてますね~♪


身近なとこでは、模型教室平日コースの軍曹が、ジュニア部門で銅賞、凸と凹の店の楽さんがディスプレイ賞、そしてミツタケさんが頂上決戦4位!
みなさんおめでとうございます~
知り合いの知り合いという意味では、受賞した人はもう少し増えるんですが、そこは割愛(間違えてるといけないのでw)

ブログの更新ができずにいる間に、明石プラモデル甲子園のHPのほうで、参加作品のupも始まりました~(今回は、更新が速いですね~)




2011/7/9(土)

ダメ元で申し込んだら当たってしまった座談会(爆)
なら、土曜日も行くしかないじゃないか~で1年ぶりの明石へ出発♪
明石プラモ甲子園1

今年は勤労福祉会館で開催♪
暑くなりすぎだろ!な感じの猛暑の中徒歩10分は少々キツイなり(歩くだけで焦げそう)

明石プラモ甲子園2

1階は、ラジコン体験コーナーとなってました♪
子供達が楽しそうに体験しておりました(^^)
ホームページでの告知見た際には、大丈夫かな?と思ってたけど成功だったみたいですね~
思った以上に色々用意してあって、スタッフさんの頑張りを垣間見たような気分でした(^^)

明石プラモ甲子園3

奥に置いてあったラジコン戦車の大きさに驚きました。
とにかくデカい
あんなに大きなものを普段どうやって保管してるんでしょうね?

明石プラモ甲子園4

写真には撮ってませんが、親子プラモデル体験教室も開催されており、こちらも盛況な様子でした。
去年よりも参加者増えてるように見えましたね♪

座談会は、2階にある1室にて行われました。
今年は当選通知票がわら半紙でしたw(経費削減?)
確認どうするのかな?と思いつつ入口に近づくもこれといった確認はされずw
申し込んでなくても聞けたのかも?な感じがしますですね~
此方は、メインゲストが情景作家な山田卓司さんだからでしょうか、年齢層高めなおじ様たちが大量に鎮座しておりました。
女性は、私を含めほんの数人しかおらず、ちょっち場違い?w

明石プラモ甲子園5

「情景作家の山田卓司氏と日本プラモデル工業協同組合理事長の内田悦弘氏、プラモデル甲子園ナビゲーターの羽越カレンさんが模型談義に花を咲かせます。」というのが、HPに載ってた座談会の説明♪

明石プラモ甲子園6

内田さんて何方?な感じだったんですが、童友社の会長さんらしい(^^)
組合のお偉いさんと聞くと、ちょっち引いてしまう部分もあったんですが、ランサーセレステの発売元でもあった童友社の会長さんと聞くと急に親近感が湧いてきた(爆)
童友社は、お城キットで有名な会社だそうです。

「どうしてお城を作ろうと思われたのですか?」と座談会コーディネーターとして出席してた雑誌の(モデルアートだったと思う)編集長さんが、話を振ると

「当時、緑商会と、相原模型という会社がありましてね、その2つが同時に後継者不足から廃業することになり、引き継いだんです」

へえ~・・・歴史を感じるエピソードだな~♪

Wikipediaを見ると廃業した色々な会社の金型を持ってるんですね~
山田模型も含まれてた

お城キットを作るにあたり最も苦労したのが、ユーザーが普段見ているお城に近い形に模型としてデフォルメ化する事だったようです。
お城は見上げて見る事が多く、実際の形と自分が見ている形は違うらしい。
設計図通りに作ると普段見ているお城とは形状が変わってしまうので、「このお城は違う」という事になってしまうんだとか

本物は土台は直角だけど、上にいくに従い微妙なズレがある。
しかし、それを忠実に模型化すると組み上がらない(爆)
お城の特徴である屋根の反りや石垣の形状等、やりたいけど金型の関係上そこまでは出来ない

メーカーとして悩みは尽きないようです(笑)


大人気だったマルモの掟ではお城模型を作るシーンがあったそうで、そのお城は童友社さんが提供したものらしい。
テレビの効果て凄くて、お城キットかなり売れたそうです(爆)
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2010年07月25日 (日) | Edit |
ちょっと今更感漂いますが・・・

プラモ甲子園レポ♪
公式HPのほうで、参加作品全掲載される予定との事ですので、こちらでは簡易バージョンとさせて頂きます(ごめんね~)


ガンダム疲れもあって、寝坊した土曜日(爆)
明石駅に到着し、目的地へGO!

明石プラモ甲子園1


疲れた身体に坂道は堪えるな~~(^^;)

明石プラモ甲子園2

当初、模型教室初級編メンバーと一緒に行くつもりだったので、ちゃんとした下調べは一切しておらず・・・

迷子気質の私は、会場がわからなくて、しばしウロウロ(←年々方向音痴が酷くなってるような?、爆)

民家の間にポツンと存在する博物館を無事みつけ、会場入り♪
すでに見物客で溢れてます(びっくり~)

明石プラモ甲子園5

まず、目指すはiibaブース!

ミツタケさんのジオがいい目印となってました(^^)

明石プラモ甲子園3

「良かったら展示しません?」とiibaのマスターのお誘いを受け今年作った戦車とスケルトンZを持っていく事に♪
しかし、予定時間を大幅にすぎての遅刻という体たらく(ごめんなさい~)
会場が暗いのが幸いして、スケルトンのライトアップが目立ってましたw


明石プラモ甲子園4

軽くマスターと挨拶し、とりあえず会場内を散策
明石プラモ甲子園8

地元組の作品はどこかいな~と探してるとF店長や模型教室の子供達登場♪

「引率お疲れ様~♪」

前日の持込作業で、爆笑エピソードもあったらしいですが、割愛w

↓模型教室の子供達の作品♪
身内びいきかもしれないけど、頑張ったよね~(^^)

明石プラモ甲子園6

模型教室大人組の作品

手前のインジャスは、模型教室で唯一の女性仲間なNさんの作品♪
模型を始めて日が浅い彼女の反応を見てると過去の自分を思い出したりすることがよくあります。
私も、最初から模型が凄く好きだったわけでは、ありません。
色々な要因が重なったからこそ今がある・・・
彼女が、どこまで模型を好きになってくれるのかは、まだ未知数ですが、出来る事なら、数少ない女性仲間でもあるし、末永く模型を続けて欲しいと思ってるんですよね~

明石プラモ甲子園7

こちらは、ホビクラ常連Sさんの作品♪
スペースシャトルは、長男くん?が親子模型教室で作ったもの♪
親子で模型を楽しめる環境て良いですね~

明石プラモ甲子園11


↓GMGメンバーなpulekoさんとはるさんご夫妻の作品
とにかくみんな上手い!
明石プラモ甲子園9

チーム甲子園の作品w
いや~なぜか、作品を見つけるのに苦労しましてね(爆)
灯台下暗しな、真ん中の好位置に配置されてて驚きましたw

明石プラモ甲子園12

自分の作品もあるし、あっちから撮影、こっちから撮影としてて何か違和感・・・・


ん?んん?
私の担当なピンクなガンダム様の肩に猫が乗ってる(←何時の間に?爆)
どうやら、見かけによらず、お茶目な某店長の仕業らしい

明石プラモ甲子園13

因みに私のピンクのガンダム様はマネージャーです(そう見えてたかな?)
TKさん担当の隣の髭なガンダムの役割は監督です♪
関西組の間では補欠説が有力だったそうですが(爆)

お茶目な某店長曰く、マネージャーの肩に手を置く監督とそれを睨む2塁守というドラマも仕込まれてたそうなんですが・・・


誰が、そんな3流ドラマな展開を仕込めと言った~~~~!(爆)
わかりにくいわ!(激爆)


そして、銀賞を受賞したこちらの作品♪
知ってる人が受賞すると、やっぱり嬉しいですね~♪
作品自体は大きくありませんが、総出品数約400作品の中で人の目を引くには、どうすればいいのかという参考にもなるプレゼンテーションの仕方は勉強になりました。
改めておめでとうございます~(^^)

明石プラモ甲子園14


そして日曜日、作品の引き取りも兼ねて再び明石へ

次々と作品が引き上げられ、閑散としだし、こういう状態だと作品も目立つな~(爆)

明石プラモ甲子園16

片付け前という事で、ピンクのガンダムの配置を替えておいたら、通りすがりの女性が「可愛い~♪」と言って足を止めてくれました。
デコ系は女性にはウケますですね~w
明石プラモ甲子園17

↓ネタになってた、TKさんのガンダムw
「あいつまたやりおった~!」な叫びが何度も繰り返されたとかなんとか(爆)

明石プラモ甲子園15

ネタ用に撮影中w

明石プラモ甲子園18


地元組の作品も撤収開始♪

明石プラモ甲子園19

iibaブースも撤収!

明石プラモ甲子園20

ジオは、この状態で保管だそうです(すげー)

明石プラモ甲子園21

こうして、怒涛の2日間は終了♪
告知期間も短くて大変な部分も多かったですが、模型ならなんでもOKなコンテストって参加する身としてはジャンルを選ばず作れていいですよね(^^)
来年も参加できるようなら、参加したいな~♪



テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。