--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月17日 (日) | Edit |
玄関を開けるとそこには、デ~ンと大きな箱が!
前回も大きかったけど、今回は更に大きいな~w
まるでみかん箱のような感じ(^^;)
たまごファルケ帰還2

がっちり止まってる、この留め金を外さないと開かない?と思ったら蓋つきの箱方式になってた(爆)
たまひこT-4セットの時は、送った箱は戻ってこなかったんですが、今回は、規格外だからか?中箱は私が送ったものがそのまま帰ってきましたw
たまごファルケ帰還3

箱に入る~♪と、うちの猫さま登場♪
たまごファルケ帰還4

これ何ニャ?

たまごファルケ帰還5

賞状が入った箱ですよ~♪
やっと実感わいてきたような気がしますですね(^^)
因みに資格を取るため以外では、賞状を貰うのも小学校以来でして、多分もう2度と無いだろうし貴重ですw

たまごファルケ帰還6

ベースの箱の隙間には、薄い紙がふんわりと詰められてました。
たまごファルケ帰還7

ベースを取り出そうとしたら、動かない(爆)
どうやら、底をテープか何かで固定してあるようです。
なるほど、こうするのか~と参考になりました(^^)
たまごファルケ帰還8

トラックは、上下に紙が詰められていて、真ん中な位置で固定されるような感じになってました。
車キットを入れる時の参考になりますね~
たまごファルケ帰還9
たまごファルケ帰還10

トラックを取り出し確認♪
ミラーが1個だけ外れてました。
元々接着が弱かったところでもあるので、これはしょうがないですね♪
たまごファルケ帰還11

たまごファルケは、送った時と同じ状態で戻ってきました(爆)
クッション材も一緒で、ちょっと笑えたw
たまごファルケ帰還12

とにかく、破損もなく、無事帰還♪
良かった~♪
それにしても、よく作ったよな~と自分でも不思議な感じ
あと、去年作ったものなので、粗が気になるかな?と思ったけど、そんなこともなかった。
やっぱ、愛着があるからかな?出来てるとこも出来てないところも含めすべてが愛しい♪
たまごファルケ帰還13

そして、空き箱になった箱に入り込んで猫も満足げですw
たまごファルケ帰還14
スポンサーサイト
2010年12月06日 (月) | Edit |
2010/9/30

ボディをロシアングリーンで塗装♪
暗い色の時には忘れかけていたダメダメな表面部分も、明るい色になっていくにつれ、目に付くようになり、気になって気になって仕方ない(^^;)

たまひこファルケ323

とりあえず、ヤクルトとウキの部分を塗装できるように、マスキング~♪
なぜか、黄色い模型用のマスキングテープが見つからずw
しょうがないので、カラーマスキングテープでグルグル巻き(^^)

たまひこファルケ324

洋服みたいだな~と、思いつつ、まずウキを塗装
黒のままのほうが綺麗に塗装できたかもしれないと塗装してから気がついた(爆)
塗装する順番も違ってたかも?

たまひこファルケ325

ヤクルトも塗装♪
バルカン砲は、ボディと同系色で、いいやと一色塗りしてたけど、やはり違和感が(汗)
ここも黒を残しておくべきだったか( ̄▽ ̄;)
エアブラシで塗装は無理そうだったので、筆塗りにトライ
デリ1号&2号それぞれから聞いていた筆塗りのコツを思い出しながらやってみたら、思ったより上手くいった♪


そこまでは、順調だったけど、マスキングテープを剥がしたら・・・・剥げた!(><)
あううう、よりによって、この時期に剥れなくても~

どうやらエポキシパテの油分がきちんと取りきれていなかったのとマスキングテープの粘着力が強すぎたのが原因な模様(^^;)
油分に関しては、エアブラシ用うすめ液を使うと取れると教えてもらいましたので、今後はそれで油分をちゃんとるようにしたいと思います♪
因みに、今までそこまでするように言う必要はないと先生は思ってたそうです。
これも、私の成長の証てことになるのかな~w



たまひこファルケ326

たまひこファルケ328

クリアーを吹いて、乾燥待ち~の筈が、ふと見ると表面に芝生シートが植毛されてる(><)
もう、本当についてない(^^;)
植毛された部分にペーパーをかけて、平らにしてと、もう何度めになるか判らない修正作業(爆)
あまりの酷さに、誤魔化すことしか考えられなくなっていって、当初の予定とは真逆のデコメインに逃げようかと、色々試行錯誤w
ただ、「ファルケを作ろうとしてるんだという事を見る人に判ってもらわないといけない」そう言ってた先生の言葉を忘れた訳ではなくて(^^;)
う~ん、どうしよう?デコに逃げたい!逃げたい!逃げたい!先生逃げてもいいですか?と空気読んでねな感じで、写真を送ったら・・・

たまひこファルケ332

>表面処理
当時の作例も仕上げが荒くガタガタだったので、それは気にしなくて良いです。
むしろ「お花シール」を散りばめるのは絶対NGです!!
「ゆるキャラ村にファルケが来た」のですから「ゆるキャラ村にゆるキャラファルケが来た」では狙いがブレてしまいます。
最低限のデコはOKですが、あくまで「ファルケは」リアル志向の仕上げにして下さい。



ぐはっ(><)
いや・・・絶対て・・・そこまで全力でNG出してもらわなくてもいいんですけど~~~?
あまりにも酷いので、逃げたくなったんですよね~

>洒落にならないくらい酷い
大丈夫です、写真で見る限り全然OKです。
実際の審査員の方にはデコで誤魔化しているのはすぐ判ります。
それより正直に見せた方がアマチュアコンテスト作品として好印象ですよ


あはは(^^;)
デコがダメなら、時間的に無理と諦めていたウォッシングもどきをしてみるかな~とクリアーが取れてる箇所のみ、ウォッシング作業♪
Fさんに聞いて、エナメルクリアー3色をチョイスw

たまひこファルケ327

割れ防止で、今回はジッポのオイルを使用♪
戦車の時を思い出しながら、ペタペタと塗って・・・

たまひこファルケ329

乾燥後、ふき取り作業♪
最初は、このくらいでOK?と思ったけど・・・

たまひこファルケ330

翌日眺めていて、汚く感じて、ふき取り作業追加したら、全部取れてしまった(爆)
因みに、後日先生からウォッシングについての、私が勘違いしてる点を教えてもらいましてw
それについては、またチャレンジしてから記事にしたいと思います(^^)

たまひこファルケ331

再度、クリアーふいて・・・(多分、やった筈?記憶があやふや~)
Eさんに頂いていた、ファルケ用のデカールを貼って、あと少しという時に(10/1)・・・
スタビライザーが折れた~~~~~!(うそだと言って~~~)

たまひこファルケ335

発送前だったのは、不幸中の幸いというべきか?
全部作り直そうかとも思ったけど、そこまで時間かけれないんで、プラ棒を交換して、筆塗りリタッチ♪
色は、ロシアングリーンと中島を適当に混ぜて似た色に調合(^^)

たまひこファルケ336

そして、締切直前に家庭内諸事情により、作業が全く出来ない日があって、それの挽回に徹夜して・・・

朝方になって、突然集中力という名の糸がプツンと切れて・・

もう無理、これが限界と写真を撮って、梱包して発送(^^;)
今回はマジにしんどかった~~~!
年寄りに徹夜は堪えますわwww

たまひこファルケ333
たまひこファルケ334


そして、ファルケのドタバタを忘れかけたある日・・・
家に帰るとなぜか送った筈の箱が、で~んと鎮座してる(が~ん)
一瞬にして血の気が引いた・・・

慌てて中を開封したら、接着パーツを増やして返送してくださいとお手紙付き(爆)


頭真っ白です~~~



先生に慌てて電話して、どうすればいいのか聞いて、再発送しようとして、自転車の籠から、落っことして(激爆)
中を確認する暇なかたんでそのまま発送w

もうね~、最後の1ヶ月はドタバタにも程があるってなくらい色々な事がありましたが、とにかく頑張りました(^^)
作品としては、かなりダメダメちゃんでしたが(先生には突っ込みどころ満載て言われた)それでも、作りたいと思ったものをつくれて良かった♪

で、結果ですが・・・


なんと、びっくりな事に2次セレクションを通過しましてw


特別賞を頂きました(^^)v

ゆるきゃらファルケ1

ゆるきゃらファルケ2


因みに、地元組としては、私を含め正賞、アドバイザー賞で4名が受賞しました(^^)
皆さん、おめでとうございました~♪
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2010年12月04日 (土) | Edit |
2010/9/28

A4サイズは無理にしても、ベースはなるべく小さくしたかったんですが・・・
たまひこファルケ313


縦に配置するのではなく、もう少し横にずらしたほうがバランスが良いと思います


あ、やっぱダメか~、アドバイスを考慮して、プチ変更♪
ベースは、30×30の板を使用することに決定

たまひこファルケ314

初めてのベースが30センチ四方(でかい!)

サイズ決定までは早かったけれど、修正に追われていたおかげで、ベースの準備に取り掛かれず(><)
気がつけば、9月下旬(爆)
私の無茶振りに慣れてる先生からも遂に、簡略版に変更しなさいと言われる始末(爆)


そうですよね~、さすがに無理ですよね~、と言ったものの、やっぱり諦められない!
時間が無いのも判ってる、それでも私はこれがやりたいと、言葉だけでは伝わらないイメージを今出来てるアイテムを利用して配置して写真撮って、先生に見てもらって、アドバイスもらってとバタバタ

たまひこファルケ315

時間不足を解消すべく、芝生シートを購入して配置・・・
しかし、予想以上に、ファルケと色が被って、トラックがやたらと目立つ為ボツ(><)

たまひこファルケ317

つうことは、当初から予定していた通り、土ベースか~~~(あううう)
元々、ファルケを作ると決めたときから土付きベースは考慮に入れてたんですよね~
ただ、作業が遅れに遅れていたので、土は諦めていたというか、やる暇がなくなった、だから芝生をチョイスしたんだけど・・・
お手軽テクスチャーの出番と相成りました(爆)
たまひこファルケ318

購入していた、ベース用の板は高さ1センチと少々低い為、2枚重ねにして、更にコルクボードを乗せて高さup(接着は木工ボンド)

たまひこファルケ316

お手軽とはいっても、さすがに教えてもらいながらでないと無理なので、F店長の出番w


テクスチャーの食いつきをよくする為に、木工ボンドを塗り広げ、その上から叩くような感じでテクスチャーを乗せていきます♪
1/4ほど、テクスチャーを塗った頃・・・

「地面は土だけじゃないんだよ~、水性塗料持ってる?」


持ってません!(きっぱり)

「だよな~」

どうやら、テクスチャーのみで、単調な土ベースになるのが気に入らないらしい(^^;)
気がつくと、模型教室に来てる軍曹から、水性塗料を調達したらしく、手に持ちながら「やっちゃっていい?」と聞いてきたw

少し悩んだけど、こういう機会は、中々ないので、単調ではない、土ベースというのを教えてもらうことにしました♪

テクスチャーを塗ったベースの上から、シャパシャバ状態になった水性塗料を乗せていきます。


たまひこファルケ319


見本作業してるのを見ながら、「塗り方のコツは?」と聞いたら、「フィーリングで♪」と超アバウトな答えが返ってきたw

判り易い説明ありがと(爆)

しかし、同じように作業してみたけど、やはり同じようには出来ない~(><)
私が作業したとこの殆どをFさんに修正されてしまいました(爆)

乾燥してから、側面には木目シールを貼り付け土ベースは完成(先生に教えてもらったやり方)
たまひこファルケ320

バスパーツから椅子を部品取り♪
そのままでは、使えないので、裏にプラ板を貼り付け、隙間にエポキシパテを装填
たまひこファルケ321

白サフを吹いて、ピンクなガンダムの要領で、塗装して、下には丸太、上にはふぁるけの文字(木製)を置いて接着♪
そして、パレットの上にタイヤパーツを置いて接着♪
この状態になったのも、徹夜な某日(←色々と切羽詰ってたんですよね~、爆)
たまひこファルケ322
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2010年12月01日 (水) | Edit |
2010/9/20

今回は、ベースも含め頑張るが目標♪
トラックとファルケの配置も含め、構成をどうするのかとか、私としては珍しくかなり本気で考えてもいたりw

締切までの時間と自分のスキルとを量りにかけると、浮かんだ案の殆どを諦めざるを得なかったんですが、それでも、タマゴヒコーキとスケールモデル(車)の組み合わせと、ゆるキャラを絡める&プチジオラマは、諦めたくなかった(^^;)


ファルケがどんどん大きくなっていく中、トラックの上に乗せるのは無理がありすぎなのは、判っていましたが、いきなり大きなベースにチャレンジする程無謀ではなかったので、なんとかA4サイズに収まらないかとあれこれ試してみたりw

たまひこ305

乗せてる途中もダメそうだけど、ほんの少しでもトラックから離しておけば、圧迫感も薄らぐような?
そう思っていた時、先生から絶妙なタイミングでベース案が届いてびっくり(タイミング良すぎ、爆)

たまひこ306


ゆるキャラファルケ・ベース配置案です。

今までの物だと

(1)トラックの荷台からはみ出す。
(2)トラックとファルケの高さが意外と高い
(3)ゆるキャラ達の配置が難しい
(4)ファルケがトラック(又は地面)に直置きになる

のが気になってました。

そこで

(1)ファルケは地面に置く
(2)ファルケの下には木製パレット(フォークリフトが使っている物)を置く
(3)ファルケの浮きの受けは自動車のタイヤを使う
(4)パレットの下には移動の時に使用した丸太を敷く
(5)トラックには降ろした時のスロープを付ける
(6)ファルケを縛っていたロープを荷台に配置(ほどけた状態)

を考えてみました。
(詳細はスケッチ参照・・・判るかな~:笑)
因みにここで使うものはホームセンターで売っている木材(バルサ材他)ですので、これで行く場合には見に行っておいて下さいね。



たまひこファルケ309

スケッチ画を見た瞬間、最終的なベース案が頭に浮かんできた!
出来る!これなら私にも作れる!


更に、私の各種音痴ぶりを知ってる先生は、絵だけではダメなのもよく判っていたらしく、パレットの作り方等も書いてあった(爆)

たまひこファルケ310

『パレットの作り方』
①木の角棒
②木の平板(バルサでも可)

『タイヤ』
①バスのタイヤを流用(後にパーツ請求)
②何か適当なタイヤを探す(ウキが嵌まればOK)→なるべくハセガワ製

『スロープ』
①木の平板(バルサの薄板を自分でカットする)→バルサはカッターで簡単に切れます。

『丸棒』
①木の丸棒

『ヒモ』
形&色はおまかせ。手持ちのものでOK


とりあえず、バスのタイヤを合わせてみた♪
真ん中のタイヤは、カットしないとダメそうだわ(^^;)
たまひこファルケ307


近くのホームセンターで素材を購入し、バルサ材をカット♪
加工が比較的簡単とはいっても、丸棒や角棒は、さすがにカッターでは上手く切れそうになかったので、ミニノコでカット

大まかに配置してみて、確認
たまひこファルケ311

9月の模型教室で、幅等こまごましたことを先生に相談

たまひこファルケ312

パレットの板は、等間隔(板と隙間が)で配置したほうが良いということなので、本数を増産(^^)
そして、木工ボンドで接着♪
こういうの、小学校以来だわwww

たまひこファルケ304
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2010年11月30日 (火) | Edit |
2010/9/19

9月は連休だったので、模型教室のあと、そのまま夜模型へと移行、そして、締切前に先生に直接見てもらえる最後のチャンスでもありました(^^;)

一生懸命考えたスジ彫りですが・・・・

窓枠以外は、全てオミットする事に(爆)
その窓枠も、ラインを丸く書いておいたら、先生からチェックが入りました(^^;)
たまごなファルケは、本家と違って先端も丸くしていたので、敢えて窓のラインも丸くしたんですよね(^^)
おかしいですか?と聞いたら、一応OKもらえましたw


窓のスジ彫りには、デザインナイフを使用
今回教えてもらったのは、刃先のみを使うやり方
実際に、人差し指の腹の上にデザインナイフの刃先を当ててクルクル回しながら、どの程度自由に動かせるかを見せてくれたんですが・・・

指が切れそうで、見てるほうは、ちょっと恐かったです(爆)

半分は、先生が見本で作業
刃先を最初は真っ直ぐ入れてラインに添って切り込みを入れ、2度目は、支点は同じだけど、ほんの少しだけ角度を変えて、斜めに切り込みを入れていきます。
作業を見てると簡単そうに見えましたが・・・


たまひこファルケ294

残り半分を自分でやってみたら、悲惨な状態に(><)
やっぱり、難しい~(^^;)

失敗しました~と泣きついたら、先生暫らく考え込んでました(←毎度毎度すいません!爆)


たまひこファルケ295

仕上げていけば、あまり気にならなくなるから、塗装の準備に入りなさい」
え?でも、先生!まだ窓にある突起物作ってないんですけど~?(汗)

「やらなくてよろしい」
そんな~~~~(><)

「泣いてもダメです」

う~~~、判ってるんです!それをやってたら間に合わないってのは、判ってるんだけど~~~


エポパテで作るつもりだったのに~~~~(ガックリ)
そんな訳で、サフ吹きの準備開始

たまひこファルケ296

色々削って剥れてる部分をメインにサフを吹いて

たまひこファルケ297

全体を缶スプレーで塗装する前にヤクルトの内側には、アクリルガッシュ(先生に借りたw)の黒で筆塗り
たまひこファルケ298

缶スプレーのマットブラック(これも先生に借りたww)で下地塗装(色々な素材を使用しているので、透けを防ぐ為)
傷を埋めるように、厚めに吹く様に言われてたけど、後に吹きが足りなかったと後悔する羽目にもなったんですけどね(^^;)

たまひこファルケ299


ここまでで、夜模型タイムアウト

続きは模型教室平日コースで作業♪

たまひこファルケ300
たまひこファルケ301

しかし、またまたタイムアウト(^^;)
背に腹は変えられぬ・・・・で、コンプレッサー持ち帰って自宅塗装(←今年は何度目だろ?爆)

影色は、129番濃緑色(中島系)、基本色はロシアングリーン1を選択(先生のアドバイスを元にF店長に相談して決定)


たまひこファルケ302
たまひこファルケ303

はっ!しまった!色味を統一するために、スタビライザーを付けた状態で塗装するように言われてたんだったと思い出して、慌てて取り付けて塗装


たまひこファルケ305


テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。