--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月23日 (土) | Edit |
ebaratchさんからの、頂きものな、オージェ♪
エルガイムは、リアルタイムに視聴してました(それも、かなり好きだった♪)が、メカ音痴なワタクシ♪
当然、オージェの事も忘却の彼方でございます(爆)

キラキラに似合うのは、これかな?とチョイスしたのは、今年の始めだったかな?去年だったかな?
オージェ1

人型メカ?な旧キットを作るのはもちろん初めてです♪

オージェ2

ビグロも、なんだかんだといいつつ作れた訳だし、なんとかなるだろうと甘~く考えてたんですが(^^;)

↓関節?のこのパーツを見て、なにこれ?状態w
オージェ3

本来、ポリキャップが嵌る筈の場所もプラパーツだと~~~~!
いやいや、こうだったからこそ、ポリキャップ等のクッションパーツが生まれたというのは、頭では理解してたけど、実際にそういうパーツを見ると思わず遠い目になっちゃいます(爆)

オージェ4

とにかく、どこもかしこも、ガチガチの固いプラパーツw
オージェ5

特に、この部分なんて、ポリキャップそのもの、全く同じ形してて、ちょっと笑えた
プラモの歴史を垣間見た気分です♪

オージェ6

それでも、どうにかこうにか、ここまで仮組はしたんですけど、先に進めず(^^:)
つくづく、ビグロは旧キットの中では、簡単な部類だったんだな~と灌漑にふけってみたりなんかしてw

オージェ7

そして、2月の模型教室にて、「はい♪あげる(にんまり)」とebaratchさんから手渡されたのは、でっかいオージェ!


「えっと~、これ何?(私は欲しいとは一言も言ってないw)」


「ネタになるかと思ってさw」

オージェ8

ちっちゃい、オージェにも手を焼いてる私に、これをどうしろってんだ~~~~!


おまけに、「あ、それビス止めありますからね~♪」と模型教室に来てるニコル君が、それは嬉しそうに言ってくれるし(爆)


そんなこんなで、このオージェも絶賛放置中w

再開は忘れた頃に(爆)
スポンサーサイト
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年12月13日 (日) | Edit |
急ピッチで更新していたビグロ記事もこれで最後です♪
コンペ用は、画像編集する時間もとれなくて、暗いですが、編集したら、ここまで明るくなりましたw←え?あんまり変わらない?(爆)



ビグロ正面

ビグロ完成1

ビグロ横

ビグロ完成2

横up
ビグロ完成3

左斜め後ろ
ビグロ完成4

後ろ
ビグロ完成5

右横
ビグロ完成6

腕1

ビグロ完成7

腕2
ビグロ完成8

フリルup

ビグロ完成9

口開きバージョン

ビグロ完成10




テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年12月12日 (土) | Edit |
ビグロの腕は、パールライトブルーで塗装

ビグロ93

タミヤ系の缶スプレーを使ってるので、墨入れ時の溶け防止とキラキラ度upの為にラッカー系のクリアーを上から吹きかけました。

クリアーなせいか、ちゃんとかかってるのかが、判りにくいです。
ついつい吹きすぎてしまったようで・・・・

ジュワっと表面に変化が!


うぎゃ~~~、溶けた!溶けた!(><)


慌ててストップw

暫らくすると、銀色が濃く出てキラキラしだしました(^^)

これが、先生が言ってた「キラキラ度が増しますよ」状態なの?

ビグロ94



先生に質問すると「う~ん、両方w」にっこり笑ってあっさり肯定(爆)

「このくらいなら大丈夫ですよ♪本格的に溶けたらよれて固まるけど、そこまでいってないからOKwww」

どうやら、吹きすぎて塗料が一部溶けてパール成分が露出してる状態らしい(^^;)
まあ、ギリギリセーフて事なようです(あはは・・・)

爪の先はガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装

ビグロ95

ご利用は計画的にな、溶きパテを使った三角バーニア部分・・・
やっぱりというか、きちんと処理できてなかったので、跡が、くっきり残ってます。

ビグロ97

反対側は綺麗だけど、その代りに塗装時に落下したので、尖らせた先っぽが折れました(爆)


ビグロ96

でも、フリルは上手くいきました♪
懸念してた、フリルの繫ぎ目・・・
塗装した事により綺麗に消えました(^^)
出きるだけ、目立たない所に繫ぎ目がくるように接着していたんですが、思った以上に上手くいって、嬉しい♪

ビグロ99

続いて、デコレート作業開始
どこに、どの色を使うか、試行錯誤・・・
緑にしようか、クリスタルにしようか、それともピンクがいいだろうか・・・
嵌めては、外しを繰り返して、やっと決定♪

ビグロ100

ビグロ正面の黒は、フィアットにも使った曲面追従シートを使用♪
ネイルシールは、ガザCハマーン機にも使ったものと同じものです(^^)

ビグロ101

顔には、グレーの墨入れペンで墨入れ♪
外で撮影したら、本体の色もこんなに綺麗なんですが・・・

時間がなくて、お外で撮影はこの1枚のみw
コンペ用には使えませんでした。

ビグロ102

後ろのバーニアには、私の好きなキャッツアイビーズを接着♪
カラーブリオンは、緑をチョイス(^^)

ビグロ104

バーニアの下には、排気口みたいな○が2個ありました。
上手く塗れそうになかったので、ここもデコスワロに変更
ビーズ用の丸カンと組み合わせて接着しただけのお手軽デコレートですが、良い感じ♪

ビグロ103

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年12月11日 (金) | Edit |
ドクロの白を塗る前に黒で縁取りしたほうが綺麗に見えるという事なので、輪郭に墨入れを施します。

エナメル塗料での、墨入れは未体験ですので、先生が見本として、チョンチョンと色を追加♪
墨入れ用の濃度はこんな感じですよと先生が普段使ってるものを見せてもらいましたが、正直まだ良くわかりませんw

墨入れ直後にふき取り作業すると取れすぎる、そして完全乾燥してからだと、逆に完全はみ出し部分の除去作業が難航してしまうのだそうです。
中間の半乾き状態で、はみ出し部分のふき取り作業開始です(^^)
これは、自分でやりましたw

ビグロ78

まず、綿棒の先2/3程が湿る程度に、エナメル溶剤を垂らします。
ビンにズボっと付けると溶剤が付きすぎるので、スポイドを使うようにと教えてもらいました♪
綿棒の準備が出来たら、取れる範囲のはみ出し部分を除去します。
こするのではなく、吸い取るような感じで作業♪
大まかに取れたら、今度はエナメル溶剤を少量染込ませた筆を使って細部のはみ出し部分を除去します。

ビグロ79

こういう、ふき取り作業を行うのは、数度目ですが、まだコツがイマイチ掴めません(^^;)
先生の模範演技を見てるといとも簡単に除去できるように見えますが、実際にやってみると必ずと言ってもいいほど、塗料が少し残ります(爆)
今回は残らないようにと必死で取ってたら、取れすぎて輪郭の一部が消えましたwww

ビグロ80

再墨入れする自信は無いので、そのままにして、上から軽くラッカー系クリアーを吹きかけ黒を保護。
乾燥後、今度はエナメル白で筆塗り開始です(^^)
ムラ塗り回避で、小さな平筆で塗ったら、大幅にはみ出し発生w
一部は、面相筆を使ったんですが、塗料が多すぎたらしく、やっぱりはみ出ました(爆)

ビグロ81

ドクロの乾燥待ちの間に、ビグロ本体部分の筆塗り作業
なんちゃってマスキングで、周りを軽く保護

ビグロ86

赤に少量の黄色と白を混ぜて明るめの赤を作ります。

ビグロ85

ベースの色に近い赤になるように調合するようにというのが、先生からのアドバイス

ビグロ88

このくらいかな?ととりあえず、塗ってみましたが・・・
う~、やっぱり黒くなる~(苦笑)

ビグロ87

めっさ、厚塗りになってしまいました(^^;)
筆塗りは難しい~

ビグロ89


ベースのドクロが、半乾きになった頃合を見計らい、はみ出し部分を除去w
しかし、どうしても、綺麗には取りきれず、うっすらと白く曇ったりかなり悲惨な状況(汗)
後日先生に見せて、平筆使ったと言ったら「平筆を使った~~~?どうしてそう自分から失敗を広げるかな~w」て言われてしまいましたw

だって~、小さいサイズなら大丈夫だと思ったんですよ~~~


ビグロ83

「塗料は、筆にこのくらいで、いいんですよ」

え?これだけ?
うそ~、私は筆にべったりつけてましたよw

ビグロ84

私では、難しい部分だろうな『ビ』『グ』を使って、再度筆塗り講習

1、塗料は、筆の1/3くらいのスペースに少しだけつける程度にする事
2、塗るというより、塗料は置くような感じで
3、一度に塗るのではなく、細い線で外側に壁を作っておいてから、隙間を埋めるような要領で中側を塗る事
4、乾燥した状態を見ながら数度に分けて重ね塗り
5、塗料の濃度が薄い時は広い面を、濃くなってきたら、細い面を塗る・・・(記憶がちと曖昧)

などなど・・・

どこか間違えて覚えてるかもw

ビグロ82

教えてもらった事を思い出しながら、筆塗り再挑戦♪
今度は、前よりはマシな感じになりました(^^)
でも、やっぱり、少し、はみだしがwww

そして、とりきれなかった白い部分には、このツールを使って除去♪
綿棒でも、筆でも難しい部分に使いました♪
便利だけど、コストも高いので、取れる部分は、綿棒等で取り除いてから使うほうがいいようです(笑)

ビグロ85

ムラもまだあるけど、これが限界です~

ビグロ90

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年12月10日 (木) | Edit |
旧コン3開幕しました~♪
本当にギリギリ投稿だったんで、写真を編集してる暇もなかったんですが、暗いですね~画像が(苦笑)
デジカメから見た画面では、明るかったのに~~~!(爆)





うっすら残る合わせ目消しの跡が気になるので・・・

ビグロ43

溶きパテをペタペタと塗りつけ数日放置w
三角バーニアと本体パーツの間にある隙間や、穴が空いたバーニア部分には、エポキシパテを使いました。

ビグロ71

ついでに、ベースとビグロの口の裏側もエポキシパテで隙間埋め(^^)

ビグロ52

溶きパテを水研ぎで除去して合わせ目の最終確認したのが、塗装予定日の前日w
ご利用は計画的にじゃないですけど、前日に慌てて作業したもんだから、一部溶きパテが綺麗に取る事が出来ませんでした(^^;)
模型教室で、前日に取りきれなかった部分を削り落としたけど、途中で「もういいや!」と諦め塗装準備開始w

ビグロ72

サフを吹いて~

ビグロ73

本体は、コーラルブルーでまず塗装

ビグロ74

そして、上からパールクリアーを塗装したんだけど・・・
写真では同じにしか見えませんね~www

ビグロ77

ベースはレッド♪
ビグロ76

ここまでで、模型教室の時間が終了
とりあえず、メイン塗装はなんとか出来ました♪


↓おまけのマネキンw
最近模型教室仲間になった美容師さんが持参してたものです(^^)
コンテスト用にエアブラシでメイクを施してましたw

マネキン
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。