--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月17日 (木) | Edit |
先生に撮影してもらったガン王用の写真を公開♪
やっぱり、私が撮影したものとは、雲泥の差ですね~w


正面

ガン王応募用3


斜め前1
ガン王応募用1

斜め前2
ガン王応募用2


斜め後ろ
ガン王応募用4


出来てない部分も多いけど、SDランバラル専用旧ザクの時よりは、上達したよね?w
スポンサーサイト
2009年09月15日 (火) | Edit |
ザクを作るに当たり、イメージの素になったのは、ガンダム30周年記念サイトで配信されていたシルバーアクセサリー風の携帯待ちうけ♪


故にメイン色は・・・・シルバーw
胸部等には、マットブラック

SDザク27

モノアイは、手芸店で見つけたデコレート用のアクリルパーツ(赤)

深く考えずにシルバーを塗装したんですが、思ったより光ってて良かった~(^^)

SDザク29

とにかく時間がなくて、サフから、シルバー塗装まで一気にやりました。

SDザク30

後から、先生に教えてもらったんですが、シルバーて昔は傷確認するのにも使ってた塗料でもあるそうです。
つまり、とても傷が目立つ・・・

手の彫りこみは甘いなと言われたけど、このシルバー塗装が比較的綺麗に出来てる点だけは褒められた(^^)
時間無いなりに表面処理頑張ったおかげかな?w

尤も、全部綺麗に塗装できてるわけじゃないんですけどね~

動力パイプのパーティングラインの消し忘れとか、色々粗が目立つ所もチラホラ(爆)

塗装が出来たら、デコレートと墨入れです。

墨入れするのは、ガザC量産機以来・・・つまり約3年ぶり?
久々に墨入れペンを取り出したら、カラカラに乾いててペンが使えず(爆)
たった、3年で干からびるなんて軟弱な!←ヲイヲイ

新しく買いなおして、墨入れ~
先生からは、何もしないほうが綺麗かもしれないよ?と言われたけど、塗りましたw

SDザク28

確かに、何もしないほうが、綺麗に見えたかもしれないですね(^^;)


今回、デコレートが中々決まらず苦戦しました。
貼っては剥がし、貼っては剥がし・・・

「猫にしてみたら?」な先生の一言で、存在すら忘れてたシールが急浮上w

SDザク31

このシールは、ガザC量産機を購入で関東入りした際に購入していたものです。
キラキラに役に立つんじゃない?と言われて購入してたものだけど、本当に使う日が来るとは思ってなかったwww

SDザク32

猫シールにお花シールを追加して

SDザク33

腕や、バックパックにスワロを追加して

SDザク34

とりあえず完成♪
時間不足で遣り残した部分はあるけど、2週間ちょいで仕上げれたというだけで、私にしたら快挙(^^)

因みにこの写真はガン王用ではありません

ガン王用は先生が纏めて撮影してくれる事になってるんで、私もどんな風に撮影されたのか知りませんw
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年09月13日 (日) | Edit |
急げ、急げで作ってたSDザク・・・

動力パイプは、既存のパーツを使うかそれとも、ガザCみたいないビーズ製にするか決めかねてました。
どちらにしても、接続口にパテ埋めは施さないといけないのですが、あける穴の大きさが、どちらを使うかで違ってきます。
どっちにするか悩んだけど、ビーズにしようかと決めエポキシパテを詰めました。
ただ、胸部の下側だけは、プラ棒を詰めてみようかとカット♪

SDザク21

穴の大きさや形に合うようにカットして詰めてみたものの・・・

やっぱりビーズ製だと合わないような気がしてきて・・・

一度埋めた部分をまた掘って取り除き、エポキシパテを詰めるやり方に変更(爆)

SDザク22

締め切りまで時間が無いというのに、私はいったい何をやってんでしょうね?www

SDザク23

頭部にあるエポキシパテもこの後、取り除きました(本当に何やってんだろう?爆)

動力パイプを接続できるだけの穴を開け・・・

スカートには、カラーブリオンを接着予定なので、小さな穴を追加♪

SDザク25

モノアイ部分も変更予定なので、ちょっと削り

SDザク26


エッジに気をつけつつ表面処理を済ませ・・

どうにか塗装前の準備完了

SDザク24
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年09月11日 (金) | Edit |
SDザクの手首は、挟み込みで取り付けるようになってます。
塗装するのに不都合があるので、SD旧ザクの時と同じやり方で、手首の取り外しが出来るようにする事にしました。
旧ザクを作って数ヶ月・・・
やり方をすっかり忘れてたので、書籍化してた本でレポ確認w

プラ棒は持ってないので、前回同様ランナーで代用ですw

SDザク13

挟み込みの手首を切り飛ばし穴を開けてランナーを手に接着
ランナーの長さは後で調整するので適当ですwww

SDザク15

腕パーツは、ランナーの大きさに合わせて穴を少し広げておきます。
ルーターは持ってないんでピンバイスで開けたんですが、開けにくいのなんの(^^;)
やっぱりルーターを買っておけば良かったかな~(^^;)

ランナーが接着できたら、肉抜き穴にエポキシパテを詰めます

SDザク16

乾燥したら、デザインナイフで、手に彫りこみを入れます♪

SD

旧ザクの頃に比べたら、上達したような気がするw

SDザク19

後日先生に見せたら・・・

「ふ・・・まだまだ甘いなw」と言われた(ぐはっ)

動力パイプにも肉抜き穴があります

SDザク18

ここも、エポキシパテを詰めて乾燥後デザインナイフで削り、ペーパーで慣らします(^^)
動力パイプのパテ埋めは初めてですが、なんとか形になってよかった~

SDザク20

でも、急ぎでパテを埋めたので気泡穴があちこちに出現(^^;)
結局再度やり直しました(トホホ)

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
2009年09月09日 (水) | Edit |
エポキシパテの乾燥待ちの間に、腕パーツの接続パーツを加工します(^^)
加工と言っても余分な部分をカットするだけのお手軽加工です(爆)
簡単な図解を先生に書いてもらっていたので、その図とパーツを交互に睨めっこしつつニッパーでカット♪
一部、ここもカット?それとも残せばいいの?と疑問に思う部分もありましたが、考えて考えて・・・
四角い鍔?みたいな部分は残すことにしまいた。
なんだか刀みたいな感じに見えますね~
カット出来たら、ペーパーがけします(写真撮り忘れた)

SDザク2

こうして、胸部パーツに突き刺す棒が出来たら、いよいよ穴開けです。
まずは、胸部パーツを正面に向けて暫し睨めっこ・・・
肩接続パーツは、真横じゃなくて、斜めに突き出てます・・・
ということは、穴も斜めに開けなきゃいけいないって事になりますね~
うげげ(><)
斜めの穴開けって私が尤も苦手とする分野です~(汗)

とりあえず、開けたい穴の目安をつける為に、鉛筆で線を入れます。
ここかな?な部分にピンパイスで穴をあけます。
いきなり、大きなピンバイスで穴を開けると失敗の素となりますので、1mmピンバイスでガイドとなる穴を開けました。

SD

基点となる穴が空いたら、少しづつピンバイスのサイズを大きくしてプラ棒にぴったりな大きさになるまで広げていきます。

SDザク8

穴が空いたら、角度の確認でプラ棒を差し込みます。
完全な左右対称は無理ですが、ビギナーですから、こんなもんでしょうw

SDザク9

先生からは、ピンバイスで穴を開ければOKと聞いていたんですが・・・・

強度を考えると残しておいたほうがいいのかな?と考えていた四角い部分
これが引っかかって、棒が奥に入りませんw←当然ですけどね(^^)

四角い部分を埋めるために四角い穴を開けねばならなくなりました(^^;)
これも、普通に真四角平行にあけるだけなら、楽だったんですが・・・
棒が斜めに入る=四角の穴も斜めに掘らなきゃなりません(爆)

V字カットで、まず平行に四角い穴を開け、それから斜めになるように彫りこみをデザインナイフで掘りました(^^;)
さすがに、完全に綺麗に掘れなかったんで、底が汚い(><)

SDザク10

掘って掘って~~~♪

SDザク12

接着前に腕パーツも付けて状態確認♪

SDザク11

苦労したけど、比較的上手くいったかな?♪


因みに、mixi組からは、「プラで、やったほうが早くね?」とか言われました(激爆)
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。