--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月31日 (金) | Edit |
緑なせいか、明るめに撮影されてしまうことが多いフィアット(^^;)
色に関しては、デジカメよりも携帯のほうが実物に近い色になるから不思議w

実際の色に近いのはこれ↓
綺麗な背景バージョンでは、この色にならず(--;)

フィアット103

緑系は撮影が難しいね~(^^;)


スケコンの感想ブログが盛り上がってますね♪
今回はたまひこの時と違って普段交流していない方からもコメントを貰えたのが凄く嬉しかったです。
少しは私の技術も上がったて事なのかしら?w
マスターに言われて思い出したけど、去年の今頃は、「合わせ目消して何?」状態だったんですよねw
いきなりフィアット作るのはちょっと厳しすぎるからと練習用でたまごヒコーキを作る事にして、アナカフェの女子プラ教室に参加して・・・
その後で地元の模型教室を発見したりと・・・
振り返ってみると、色々チャレンジしようという気になったのもスケコンがきっかけになってたんだな~と感慨深い(笑)
スケールものを作ろうと思わなければ、今でもガンプラ以外には興味が行かなかったかもしれない
何が影響するか判らないものですね~(^^)

コンペ画像ではチラ見せ状態だった内装部分♪

フィアット105

木目調は、先生が塗装してますが、それ以外は私が塗りましたw

意外と好評だったデコレートも、そんなに深く考えて貼った訳じゃなくて、ほんの思いつきw

フィアット106

やっぱり、ネイルシールのデザインに助けられたような気がしますねwww

フィアット107


このくらい遠くから撮影すると粗が目立たなくていいなw

フィアット109

スポンサーサイト
2009年07月30日 (木) | Edit |
ボディの後ろには、こすって貼り付けるタイプのシールを貼るようになってます。
デカールを切り離す要領で、カットしてペタっと貼り付け、ボールペンの蓋で擦ります。
傷が付きそうで恐かったですが、少しの傷で済んで安堵(^^;)

フィアット97


次にライトパーツを接着します。

フィアット95

ライトのカバーもカット♪

フィアット98

ボディに取り付けるとこんな感じ♪

フィアット100


そして、ボディとシャーシを合体させます♪
出来た♪出来た♪ちゃんと填めれたよ~www

フィアット96

下側のライトも取り付け準備
少しだけ、メッキシルバーでデコレート♪

フィアット101

数時間MIAしてたオレンジライトや、ドアノブなどを取り付け、幌はガンダムマーカーで赤にプチ塗装して完成!

フィアット102


大変だったけど、フィアット作れたよ~♪

因みに、後日先生からは、「毎回俵に足が掛かってからが、怒涛の勢いだよね」と、しみじみと言われましたw←私は相撲取りですか!(爆)
2009年07月29日 (水) | Edit |
窓枠が完成したら、ボディに取り付けます。

使用するのは・・・



木工ボンド(爆)

フィアット86


この年で、木工ボンドを使うようになるとは思ってなかったな~w

さて、木工ボンドというくらいですから、プラ禁止です(^^)
注意書きにもプラ材は接着できませんとなってます。

mixiでも、「おいおい大丈夫なのか?」と何人からか心配されてしまいました(爆)

使う場所にもよりけりなのですが、置くだけの場所とかだと意外とOKなのだそうです。

先生が、木工ボンドを私に進めた一番の理由は、はみ出ても水を含ませた筆などで簡単にふき取りが可能なのと、水溶性なので、塗装を溶かさない点にあります。
それに、もしはみ出た状態のそままで放置したとしても固まると透明になるので、粗が目立たないのでビギナーには最適w

まだ点付け接着は出来ないし、通常の接着剤だと塗装が剥れるというか溶けるw
お試しで、1ヶ所付けてみたら本当に剥げたので実証済みwww

フィアット87

前後の窓は、外側から、横の窓は内側から貼り付けます。
取説読んでも意味不明だったので、先生に教えてもらいました。
木工ボンドを使って窓を接着
初めから予想していたことですが、はみ出しまくりで接着にも四苦八苦しました。
木工ボンド使ってなかったら、そこらじゅう接着跡だらけで悲惨な事になってたに違いありません(^^;)

完成させる事を大前提としていたので、窓は磨いていません。
厚みも違うし曇ってるし、傷はあるしと、気になる部分はたんまりとあります。
でも、初めてのカーモデルで、最初からハードルを上げすぎると後が続かないと自分に言い聞かせて粗には目をつむりましたw

フィアット88

内側のドアも貼り付ける場所を理解するのに少々時間がかかりました(^^;)
椅子、と内側ドアも木工ボンドで接着w

フィアット89

さ~て、1色塗りしてたエンジンはどうすっかな~w
ここは、黒のままにしておいて、後からシルバーを追加したほうが良かったかも?
いきあたりばったりで作ってるとこうなりますw

フィアット90

黒で筆塗りは、粗が目立ちそうだな~と判断してグレーに塗装w
グレーなら、少々塗りが下手でも誤魔化しが利くしwww

フィアット91

エンジンの次に取り掛かったのが、内側のミラー
ちっさいですね~

フィアット93

ボディをひっくり返し・・・

フィアット92

ミラーも木工ボンドで接着。
しかし、ここは通常の接着剤使ったほうが良かったかもしれません、現在グラグラ状態で、いつ落ちてもおかしくないんですよねwww

フィアット94
2009年07月28日 (火) | Edit |
フィアットの前後にある窓は、比較的貼り易い形なので、初めてでも、結構それなりに貼る事が出来ました。

しかし、横にある窓は形が複雑

フィアット80

カーブはあるし、表裏別々にカットする必要もあって、暫らくどう張るべきか悩みました。


フィアット81

横を貼ってからカーブのきつい縦にも貼りつけます。

フィアット82

横窓の前側には、シルバーの追従シートを貼り付けます。
こちらは、使用量も少ないだろうからと、先生から頂きました。(いつもすいません(^^;))

フィアット83

シルバーの貼り付け場所は更に形が複雑です(--;)
最初は、横、縦、と一つ一つ貼り付けてみたものの、継接ぎだらけで、かなり不恰好な仕上がりに(トホホ)
もったいないけど、ここは、全面貼りしてしまおう!

フィアット84

内側は、カットせずにこのままのほうが綺麗かも~w
でも、窓だから、カットしましたけどねw

フィアット85

悪戦苦闘すること、4時間弱(爆)
残業の後にこの作業は正直堪えました(年はとりたくないものですね~爆)

写真では、判りづらいですが、デザインナイフが数度滑りましたので、傷だらけになってます(><)

それでも、初めてにしては、上手く貼れたのではないかと自画自賛w^
2009年07月27日 (月) | Edit |
カーモデルで一番のネックは窓枠です。
実際、スケコン参加表明をだしたばかりの頃、「難しいとしたら、窓枠かな~」と言われていました。

私は初心者なので、塗装よりも便利ツール(曲面追従シート)を使ったほうがいいだろうという事になりチャレンジする事に(^^)


フィアット71

このつや消しフィニッシュは、最近販売されだしたものだそうです。
先生のお店で、使い方を教えてもらい、自宅でチャレンジ♪

まず、適当な幅と長さにカットします。
慣れるまでは、少し太めにカットしておいたほうが、使い易いです。

フィアット73

シートから剥がして、何も考えずに窓にペタっと貼り付け、綿棒や爪楊枝を使って密着させます。

フィアット74

表が出来たら、くるっと折り返して裏側も密着させます。
こちらは、少し皺になっても、あまり神経質にならなくていいと言われました(^^)


フィアット75

二つ折りにしたら、今度はハサミで、窓枠外側のカーブ部分をカットします。


フィアット76

次に、デザインナイフで窓表面についた余分な所をカット♪
こちらは、かなり神経を使いました。
力を入れすぎれば、パーツが割れてしまうかもしれませんし、フィアットは廃盤キットなので、失敗したとしても替えはありません。
慎重にナイフを入れていきます
内側のカーブ部分が特に大変でした(難しい~)

フィアット77

次に、ピンセットで、カットした余分なシートを剥がします。
窓枠部分のシートを剥がしてしまわないように少しづつ取り除いていきます。

フィアット78

表のカットが終了したら、裏もカットします。
しかし、ツルっと手が滑って表面に傷か(><)
おまけに、裏のほうが幅広になってしまったらしく、表から傷が丸見え(T-T)
傷ありの事故車にするよりは、窓枠が太いほうが、まだマシと考え、また貼りなおし(^^;)

横が済んだら、縦も同じように貼り付けカットします。

フィアット79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。